第434回:「マイカーは改造でEVに」……そんな時代は、もう近い!?

2016.01.29 エッセイ

内燃機関車の“EV化”に道

イタリアで、普通のクルマを電気自動車(EV)に改造するのが、ちょっとしたトレンドになる!? というのが今回のお話である。 

イタリアの公共施設・運輸省は2016年1月11日、「電気再評価令」なる政令を官報に掲載した。内燃機関車をEVに改造した際の登録手続きを、これまでより明確にしたものだ。

昨2015年に欧州委員会の審査を経て、実現にこぎつけた。要は、あなたのガソリン車やディーゼル車を正式に、EVに変身させることができるわけだ。
イタリア各地では、その請負業者や、それを奨励する団体が現れている。以前から北部ヴィチェンツァで法整備を提唱してきた商業団体「コンファルティジャナート」がその作業内容を具体的に解説しているので、紹介しよう。

・エンジン→電気モーターに交換
・燃料タンク→バッテリーに交換
・電気系統→パワートレイン/充電方式に適合するよう調整
・空調→ヒートポンプに交換
・従来のバッテリー→補機類用に維持

といった具合である。
ゼロエミッションによる環境改善はもちろん、指定改造業者の市場活性化も期待される。

指定改造業者の申請・登録は、この2016年1月末から行われる。したがって、気になる改造費については、まだ正確なコストは把握できないが、複数のイタリア系サイトによると、一充電あたりの航続距離が100km程度の性能を得られるキットで、6000~7500ユーロ(約77万円~96万円)が目安だ。イタリアでは、早くも政府のエコ奨励政策による補助金を望む声が聞かれる。

電気自動車(EV)に改造した2代目「フィアット・パンダ」。イタリア北部ヴィチェンツァの商業組合「コンファルティジャナート」によるもの。
電気自動車(EV)に改造した2代目「フィアット・パンダ」。イタリア北部ヴィチェンツァの商業組合「コンファルティジャナート」によるもの。
EVのある風景その1。フィレンツェは充電ポールを旧市街に多数設置したことにより、今やイタリア屈指のEV普及都市となっている。
EVのある風景その1。フィレンツェは充電ポールを旧市街に多数設置したことにより、今やイタリア屈指のEV普及都市となっている。
シエナで2015年春に見られた、スイスからやってきた「テスラ・モデルS」。イースターのバカンスだろうか。
シエナで2015年春に見られた、スイスからやってきた「テスラ・モデルS」。イースターのバカンスだろうか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。