最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売

2016.01.27 自動車ニュース
「キャデラックATS-V」
「キャデラックATS-V」

最小のキャデラックVシリーズ「ATS-V」発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年1月27日、「キャデラックATS-V」の販売を開始した。

 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像
 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像
 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像
 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像
 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像
 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像
 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像
 
最小のキャデラックVシリーズ、ATS-V発売の画像

■「Vシリーズ」初のツインターボエンジンを搭載

ATS-Vはキャデラックのコンパクトセダン「ATS」をベースに、470ps(346kW)/5800rpm、最大トルク61.5kgm(603Nm)/3500-5000rpmを発生する3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載した高性能スポーツモデルである。キャデラックの高性能モデル「Vシリーズ」としては歴代最小・最軽量のモデルであり、0-60mph(約97km/h)加速は3.8秒という動力性能を実現している。

Vシリーズ初となるツインターボエンジンについては、パワーをすばやく発生させるとともに、より長く維持させることを重視した設計となっており、ターボチャージャーには低慣性チタンアルミ合金製タービンを採用。パッケージの高効率化とブースト圧の最大化を追求した高効率チャージ・クーリング・システムや、軽量チタン製コネクティングロッドもこのエンジンの特徴となっている。また潤滑システムについては、サーキット走行などで高い横Gにさらされても最適な油圧と冷却性能を維持できるよう設計されているという。

■足まわりは横方向のコントロール性を改善

足まわりにも独自の改良を施しており、フロントサスペンションについては横方向のコントロール性を向上させるため、リンクの設計を変更したほか、ゴムブッシュに代えてボールジョイントを採用している。それに加えてレートの高いスプリングやより硬めのスタビライザーを用いることにより、ロール剛性を50%高めている。一方、リアについてもより硬いブッシュやスタビライザー、レートの高いスプリング、新しいサスペンションサブフレームなどによって横方向のコントロール性を高めるとともに、ロールセンターの移動を抑え、アンチスクオット性を高めているという。また、ダンパーには路面の状況に応じて減衰力を調整できる磁性流体式の第3世代「マグネティックライドコントロール」を装備している。

可変アシスト機構付きの電動パワーステアリングについても、システム剛性を高めてステアリングの精度を向上させ、ドライバーへのフィードバックを高めた。さらに、トラクション性能を高めるためにエレクトロニック・リミテッドスリップディファレンシャルを標準装備とするほか、プロペラシャフトの大型化などにより、加速時に駆動輪に発生する上下振動を低減している。

タイヤサイズはフロントが255/35ZR18、リアが275/35ZR18で、ATS-Vのために専用開発された「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」を装着。ブレーキシステムはブレンボ製で、フロントは370mmのベンチレーテッドディスクと6ピストンキャリパーの組み合わせ、リアは340mmのベンチレーテッドディスクと4ピストンキャリパーの組み合わせとなっている。

また、走行モード切り替え機構の「ドライバーモードコントロール」については、標準モデルに設定のある3つのモードに加えて「サーキットモード」を採用している。

■外装パネルはほぼ専用設計

開口部が拡大されたフロントマスクや大型化されたフェンダーなど、エクステリアも標準モデルとは大きく異なっている。カーボンファイバー製のボンネットにはエアアウトレットが設けられており、エンジンルーム内の熱気を逃がすだけでなく、ラジエーターを通った空気を車体上部に流すことで、高速走行時に発生する揚力を低減。ロッカーモールディングやリアスポイラーと併せて、空力性能を向上させている。またばね下重量を低減するため、足元にはVシリーズ専用の鍛造アルミホイールを装着している。

ラインナップは「Spec-A」と「Spec-B」の2種類で、後者にはブラックロッカーエクステンションやボディーカラードスポイラー、カーボン製のフロントスプリッター、フードベントトリム、リアディフューザーからなる「カーボンファイバーエアロパッケージ」が採用されている。

ボディーカラーは「セーブルブラック」「クリスタルホワイト・トゥリコート」「ラジアント・シルバー・メタリック」「レッド・オプセッション・ティンコート」「ファントムグレイ・メタリック」の全5色。価格はSpec-Aが990万円、Spec-Bが1090万円。

(webCG)

関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第2回:ローディー meets CTS
    電動化のカッコよさについて考えてみた
    2017.2.24 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。
  • 第1回:編集部に「CTS」がやって来た
    「キャデラックCTSセダン」がある日常をリポート
    2017.2.17 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> いつもより長い時間じっくりテストして、そのクルマと過ごす毎日をさまざまな角度からリポートするのがwebCGの「日常劇場」。今回から約2カ月間、「キャデラックCTSセダン プレミアム」がある日常を報告する。
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る