フォード・マスタング エコブースト プレミアム コンバーチブル(FR/6AT)/マスタングGTプレミアム ファストバック(FR/6MT)

悲運のギャロッピングホース 2016.02.02 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。

つゆと消えた日本導入計画

2016年半ばに日本に導入される予定だった右ハンドルのマスタングに乗りに、オーストラリアに向かった。ところが、まさに青天の霹靂(へきれき)で、フォードが日本市場から撤退すると発表したのだ。おかげで右ハンドル仕様の日本導入は中止。ようやく本格的に右ハンドルを手かけようとする矢先というタイミングが、何ともやるせない気持ちにさせてくれる。

期待していたユーザーには実に残念な話だが、それで右ハンドル仕様がなくなるわけではなく、場合によってはオーストラリアやニュージーランドから並行輸入で入ってくる可能性だってゼロではない。ということで、取りあえず試乗を通して確かめたその出来栄えがどうであったかについてお話ししようと思う。

右ハンドル仕様のマスタングは、昨年すでに左ハンドルで導入されていた2.3リッター「エコブースト」4気筒ユニットを搭載したファストバックに加え、そのコンバーチブル仕様、そしてV8ファストバックの計3タイプが用意されることになっていた。

V8エンジンに関しては、基本的に先代が使っていた“コヨーテV8”を改良したもの。最新の直噴でもなければ、ダウンサイジングターボでもなく、いかにもアメリカンな5リッターのキャパシティーを誇る自然吸気だ。とはいえDOHCだし、可変バルブタイミング機構を持つなど、決して旧態化したエンジンではない。最高出力および最大トルクはSAE表示で435hp(442ps)/6500rpm、400lb-ft(55.3kgm)/4250rpmとなる。改良された部分はバルブトレインとシリンダーヘッド。これによってかなり大幅なパワーアップを果たしているという。

右ハンドル仕様の市場投入は現行モデルのデビュー当初から計画されており、日本にも2016年半ばに導入される予定だった。
右ハンドル仕様の市場投入は現行モデルのデビュー当初から計画されており、日本にも2016年半ばに導入される予定だった。
V8エンジンを搭載した「GTファストバック」のインテリア。
V8エンジンを搭載した「GTファストバック」のインテリア。
「GT」に搭載される5リッターV8自然吸気エンジン。現行型「マスタング」のエンジンラインナップは、2.3リッター直4直噴ターボ、3.7リッターV6自然吸気、5リッターV8自然吸気の3種類となっている。
「GT」に搭載される5リッターV8自然吸気エンジン。現行型「マスタング」のエンジンラインナップは、2.3リッター直4直噴ターボ、3.7リッターV6自然吸気、5リッターV8自然吸気の3種類となっている。
クローズドトップのクーペは、現行モデルより「ファストバック」という往年の名称で呼ばれるようになった。
クローズドトップのクーペは、現行モデルより「ファストバック」という往年の名称で呼ばれるようになった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 「水野和敏的視点」 vol.106 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(前編) 2015.6.26 mobileCG 外観はレトロ、でも中身は最新。水野和敏氏は新型「マスタング」をこう見る。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る