レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)

親しみやすいスポーツモデル 2016.02.01 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。

いま注目のSUV

今回の取材中、駐車していたわれわれの新型「レクサスRX200t“Fスポーツ”」をジッと見つめる、通りすがりのおじさんがいた。おじさんは一体何にひかれたのか、実のところ聞いていないのでわかりません。

少なくともこれだけは言える。

2015年10月22日に発売となった新型レクサスRXは販売好調らしい。発売後約1カ月の受注状況は約9000台。月販目標500台、車両価格495万~742万5000円の高級クロスオーバーに、目標の18カ月分の注文が舞い込んでいる! 

RXはレクサスブランドの世界販売の3割を占めるトッププレイヤーである。「LS」や「IS」よりも重要な、4番バッターにしてエースといってもよい。そのRXのガソリン車、200t“Fスポーツ”をあらためて今回テストした。3.5リッターV6+電気モーターのハイブリッド「RX450h」にも“Fスポーツ”の設定はあるけれど、あちらが後輪をモーターで動かすのに対して、200tの4WDは「ハリアー」同様、前後トルクを100:0~50:50の範囲で電子制御により最適に配分する。4WDとしてはこちらの方が本格派だ。

富士スピードウェイで鍛えられし“Fスポーツ”はレクサスのAMG仕様でありMスポーツである。専用スピンドルグリルは横棒模様からL字で編んだ餅網タイプになり、前後にメッキのモールが加えられ、ドアミラーがブラックに塗装される。専用のタイヤ&ホイールはノーマルの18インチに対して2階級特進の20インチがおごられる。

日本国内では2015年10月に発売された、最新型の「レクサスRX」。今回は、2リッター直4ターボを搭載する「RX200t」のスポーティーグレード“Fスポーツ”に試乗した。
日本国内では2015年10月に発売された、最新型の「レクサスRX」。今回は、2リッター直4ターボを搭載する「RX200t」のスポーティーグレード“Fスポーツ”に試乗した。
「RX200t“Fスポーツ”」のインテリア。写真のブラックのほか、ホワイトとダークローズを合わせた、計3色のインテリアカラーが用意される。
「RX200t“Fスポーツ”」のインテリア。写真のブラックのほか、ホワイトとダークローズを合わせた、計3色のインテリアカラーが用意される。
1650rpmという低回転域から35.7kgmの最大トルクを発生する、2リッター直4直噴ターボエンジン。JC08モードの燃費値は、11.7km/リッター。
1650rpmという低回転域から35.7kgmの最大トルクを発生する、2リッター直4直噴ターボエンジン。JC08モードの燃費値は、11.7km/リッター。

スポーティーグレード“Fスポーツ”のフロントまわり。ほかの「RX」とは異なる専用メッシュ形状のグリルや、ロアバンパーモールが与えられる。


	スポーティーグレード“Fスポーツ”のフロントまわり。ほかの「RX」とは異なる専用メッシュ形状のグリルや、ロアバンパーモールが与えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【レビュー】 2015.11.13 試乗記 北米での販売の約30%を占めるなど、レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は目標を達成できたのか? その実力をリポートする。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る