レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)

親しみやすいスポーツモデル 2016.02.01 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。

いま注目のSUV

今回の取材中、駐車していたわれわれの新型「レクサスRX200t“Fスポーツ”」をジッと見つめる、通りすがりのおじさんがいた。おじさんは一体何にひかれたのか、実のところ聞いていないのでわかりません。

少なくともこれだけは言える。

2015年10月22日に発売となった新型レクサスRXは販売好調らしい。発売後約1カ月の受注状況は約9000台。月販目標500台、車両価格495万~742万5000円の高級クロスオーバーに、目標の18カ月分の注文が舞い込んでいる! 

RXはレクサスブランドの世界販売の3割を占めるトッププレイヤーである。「LS」や「IS」よりも重要な、4番バッターにしてエースといってもよい。そのRXのガソリン車、200t“Fスポーツ”をあらためて今回テストした。3.5リッターV6+電気モーターのハイブリッド「RX450h」にも“Fスポーツ”の設定はあるけれど、あちらが後輪をモーターで動かすのに対して、200tの4WDは「ハリアー」同様、前後トルクを100:0~50:50の範囲で電子制御により最適に配分する。4WDとしてはこちらの方が本格派だ。

富士スピードウェイで鍛えられし“Fスポーツ”はレクサスのAMG仕様でありMスポーツである。専用スピンドルグリルは横棒模様からL字で編んだ餅網タイプになり、前後にメッキのモールが加えられ、ドアミラーがブラックに塗装される。専用のタイヤ&ホイールはノーマルの18インチに対して2階級特進の20インチがおごられる。

日本国内では2015年10月に発売された、最新型の「レクサスRX」。今回は、2リッター直4ターボを搭載する「RX200t」のスポーティーグレード“Fスポーツ”に試乗した。
日本国内では2015年10月に発売された、最新型の「レクサスRX」。今回は、2リッター直4ターボを搭載する「RX200t」のスポーティーグレード“Fスポーツ”に試乗した。
「RX200t“Fスポーツ”」のインテリア。写真のブラックのほか、ホワイトとダークローズを合わせた、計3色のインテリアカラーが用意される。
「RX200t“Fスポーツ”」のインテリア。写真のブラックのほか、ホワイトとダークローズを合わせた、計3色のインテリアカラーが用意される。
1650rpmという低回転域から35.7kgmの最大トルクを発生する、2リッター直4直噴ターボエンジン。JC08モードの燃費値は、11.7km/リッター。
1650rpmという低回転域から35.7kgmの最大トルクを発生する、2リッター直4直噴ターボエンジン。JC08モードの燃費値は、11.7km/リッター。

スポーティーグレード“Fスポーツ”のフロントまわり。ほかの「RX」とは異なる専用メッシュ形状のグリルや、ロアバンパーモールが与えられる。


	スポーティーグレード“Fスポーツ”のフロントまわり。ほかの「RX」とは異なる専用メッシュ形状のグリルや、ロアバンパーモールが与えられる。
関連記事 ホームへ戻る