ジャガー、Fペースの予約受け付けを開始

2016.01.28 自動車ニュース
「ジャガーFペース」
「ジャガーFペース」

ジャガーが「Fペース」の予約受け付けを開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年1月28日、ジャガー初のSUV「F-PACE(Fペース)」の予約受け付けを同年1月29日に開始すると発表した。

「Fペース」のリアビュー。
「Fペース」のリアビュー。
「Fペース」のリアシート。
「Fペース」のリアシート。
ボディーカラーは全15色が用意されている。
ボディーカラーは全15色が用意されている。
車体の80%にアルミニウムが使用されている。
車体の80%にアルミニウムが使用されている。
ブレーキ制御を使ったトルクベクタリング機構など、走りに関する装備は充実している。
ブレーキ制御を使ったトルクベクタリング機構など、走りに関する装備は充実している。
ラゲッジルームの容量は650リッター。
ラゲッジルームの容量は650リッター。
リストバンド型アクティビティーキーがオプションで用意される。
リストバンド型アクティビティーキーがオプションで用意される。

■日本仕様のラインナップは全5グレード

ジャガーFペースは、2013年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「C-X17」の市販モデルとして、2015年のフランクフルトショーで世界初公開されたミドルサイズSUVである。日本では2015年の東京モーターショーで初公開され、また50台限定の特別仕様車「Fペース ファーストエディション」の先行受け付けが同年11月2日に開始されていた。

今回発表された日本仕様のエンジンは、2リッター直4ディーゼルターボとスーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンの2種類。前者は「INGINIUM(インジニウム)」と呼ばれるジャガー・ランドローバーにとって最新鋭のパワーユニットであり、最高出力180ps、最大トルク43.8kgmを発生。一方、後者には340psおよび45.9kgmと、380psおよび46.9kgmという2種類の仕様が用意されている。すべてのエンジンに8段ATが組み合わされる。

グレードはベーシックな「ピュア」、レザーシートなどを装備した「プレステージ」、エクステリアをよりスポーティーに仕上げた「Rスポーツ」、380psのガソリンエンジンを搭載した「S」の4種類。「Rスポーツ」のみ、ディーゼル車とガソリン車の両方が用意されている。

価格は以下の通り。
・ピュア(2リッターディーゼル):639万円
・プレステージ(2リッターディーゼル):663万円
・Rスポーツ(2リッターディーゼル):728万円
・Rスポーツ(3リッターガソリン、340ps):849万円
・S(3リッターガソリン、380ps):981万円

■トルクベクタリング機構をはじめとしたハイテクを満載

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4731×2175×1652mm(全幅はサイドミラーを含む)、ホイールベースは2874mm。車体には全体の80%にアルミニウムを使用した軽量モノコック構造を採用しており、前後輪の重量バランスはほぼ50:50を実現している。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがインテグラルリンク式の四輪独立懸架。駆動システムにはトルクオンデマンド式の4WDを採用している。

運動性能に関連する制御システムは充実しており、オーバーステアやアンダーステアを検知するとトラクションを回復させ、車両の安定を確保する「インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)」や、3.6km/hから30km/hまでの間で任意の車速に保つ「オール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)」、コーナリング時のアンダーステアの発生を抑制する「トルクベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)」などが用意されている。

また、車内空間には5人がゆとりをもって座れる乗車スペースと容量650リッターのラゲッジルームを確保。インストゥルメントパネルの中央には10.2インチ静電式タッチスクリーンを用いたインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を装備している。また運転席側には通常のメーターパネルに代えて、12.3インチTFTインストルメントクラスターを採用。4種類のメーター表示に加え、ドライバー専用のフルスクリーンナビゲーションディスプレイとしても利用できる。

このほかにも、ウォータープルーフおよび耐衝撃仕様のリストバンド型アクティビティーキーをオプションで用意しており、テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が可能となっている。

(webCG)
 

関連記事
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 「ジャガーFペース」に充実した装備が魅力の限定車 2017.3.14 自動車ニュース 「ジャガーFペース」に36台の限定モデル「アクティブエディションパッケージ」が登場。パノラミックルーフや電動テールゲートなどの装備に加え、サイクルキャリア、ルーフボックス、ウオータースポーツキャリアのなかからひとつを選ぶことができる。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ジャガーFペース(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.5.12 試乗記 ジャガー初のSUVとなる「Fペース」が、いよいよ公道へと躍り出た。では、実際に乗ってみたら……? 日本への導入が予定されているディーゼル車とガソリン車に、アドリア海に臨むモンテネグロで試乗。その印象を報告する。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る