トヨタがダイハツを完全子会社化

2016.01.29 自動車ニュース
記者会見で握手するトヨタ自動車の豊田章男社長(左)とダイハツ工業の三井正則社長(右)。

トヨタがダイハツを完全子会社化

トヨタ自動車と子会社であるダイハツ工業は2016年1月29日、株式交換によるダイハツの完全子会社化(2016年8月予定)について合意した。

トヨタ自動車の豊田章男社長。
ダイハツ工業の三井正則社長。

■独自性は維持しつつ戦略を共有

今回の合意の目的は、トヨタとダイハツが共通の戦略のもと、両社の技術やノウハウ、事業基盤を融合することで、両ブランドの特色を生かした魅力的、かつグローバルで競争力のある商品を展開することにあるという。

協業の概要は次のとおり。

<小型車戦略>
・トヨタブランドとダイハツブランドの差別化を進め、それぞれの顧客にとって最適な商品ラインナップを拡充させる。
・ダイハツが主体となって、これまで培った現地の市場目線に立ったクルマづくりや、軽自動車を基盤・基点とした商品企画や技術開発のノウハウおよびプロセスを進化させ、小型車領域での両ブランドの商品を開発する。

<技術戦略>
・トヨタとダイハツは、技術戦略を初期構想の段階から共有する。
・トヨタは環境・安全・安心・快適技術面での技術開発を進める。一方、ダイハツはパッケージング力、低コスト技術、低燃費技術に加え、先進技術の低コスト化やコンパクト化を推進する。
・ダイハツ独自のクルマづくりのノウハウをトヨタグループ内で共有し、上位車種でのコスト競争力にも貢献させる。

<事業戦略>
・新興国市場では、それぞれの事業基盤を活用しあい、ダイハツが主体となって開発・調達・生産といったモノづくりをスピーディーかつ効率的に推進する。
・国内事業では、トヨタの販売のノウハウやインフラも相互活用し、ダイハツのブランド力向上と収益力の両立を図る。

今回の合意を通じて、トヨタとダイハツは今後もそれぞれの強みを生かすマネジメントの独自性は維持しつつ、戦略を共有し、お互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながら、一体となって高度化する技術革新やスピーディーな事業展開など難易度の高い課題に対応し、両社の企業価値向上に努めていくという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。