第9回:付いててよかった!
フォーカスの“ぶつからない装備”

2016.01.29 特集

最新型の「フォード・フォーカス」には、さまざまな安全装備や運転支援システムが備わっています。中でも助かるなぁと思ったのが、この機能。

守られてる感、あります

フォーカスのステアリングを握るようになって1カ月。「へー!」と感心させられたのが、そのステアリングのサポート機能です。

編集部の「フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト」には「レーンキープ・システム」が付いていて、車線を逸脱しそうになると、自動操舵(そうだ)で中央に連れ戻してくれます。
先日も首都高速をドライブ中、手を添えていたステアリングホイールがスッと回りだしてギクリ! え? いまボーっとしてた? よそ見をしていた? 理由はどうあれ、システムの介入は危機が迫った確かな証拠。もしも、この装備がなかったら……と思うと、冷や汗が出てきます。

あらためて観察してみると、フォーカスは、車線にさしかかるよりも、かなり早めのタイミングから大胆にハンドルを切っていきます。そうした、クルマが積極的にリードしてくれる感覚は、メルセデス・ベンツに備わる「ステアリングアシスト」にも似ていて、「しっかり守られてるなぁ」という印象を受けます。

フォーカスのスポーツ+ エコブーストはほかに、衝突被害を回避・軽減するための自動ブレーキや、リアビューカメラなども標準装備。カタログをチェックしてみると、「アクティブ・パークアシスト」なんて品目もあったりして、興味津々。
一体、どんな機能なんだろう? チェック&リポートは、またの機会に。

(webCG 関)

第8回:「フィエスタ」ってどんなクルマ? 日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた
第10回:「フィエスタ日常劇場」にする? 日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて

「フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト」のコックピット。
「フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト」のコックピット。
メーターパネル。「レーンキープ・システム」の作動状況はインフォメーションディスプレイに表示される。
メーターパネル。「レーンキープ・システム」の作動状況はインフォメーションディスプレイに表示される。
各種運転支援システムの設定は、モニター上での操作を通じて変更できる。
各種運転支援システムの設定は、モニター上での操作を通じて変更できる。
 
第9回:付いててよかった!フォーカスの“ぶつからない装備”の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る