ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)

時代にそった進化を感じる 2016.02.03 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけた「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」シリーズの中でも、最もスポーティーな「トロフィー」に試乗。トラディショナルなスポーツモデルというイメージだけでは語りきれない、最新モデルの走りをリポートする。

サーキット育ちの特別なR.S.

ルノーのハイパフォーマンスブランド、ルノースポール(R.S.)における「トロフィー」の称号は、かつてはサーキット専用だった。「スピダー」や「ルーテシア(クリオ)R.S. V6」などのミドシップ2シーターは、まずワンメイクレース専用車が登場し、その後公道向けが発表された。両車を区別すべく、サーキット仕様をトロフィーと呼んでいたのだ。これらのクルマを使用したレースの名称にも、トロフィーを冠していた。

その名前が公道向け車種に初めて与えられたのは、2005年にわが国でも限定販売された「メガーヌR.S.トロフィー」だったと記憶している。ステアリングを切るとノーズが瞬時に向きを変え、アクセルを閉じると後輪は簡単にスライドし、ドリルドディスクローターを採用したブレーキは素晴らしく利く代わりに盛大な摺動(しゅうどう)音を発するなど、スタンダードの「メガーヌR.S.」との違いに驚いた。

トロフィーは現行メガーヌR.S.にも、やはり限定販売の形で設定されたことがある。このときは「トロフィー」「トロフィーS」「トロフィーR」の3つの仕様が用意されていた。一方、ルーテシアの方は本国名のクリオを含めても、これまでトロフィーが設定されたのは最初に紹介したミドシップのV6のみだった。しかし2015年、そのルール(?)が破られた。ルーテシアR.S.にもトロフィーが設定されたのだ。

「ルーテシア」の高性能モデルである「ルノースポール」シリーズの中でも、特に運動性能を突き詰めた「トロフィー」。2015年のジュネーブショーで世界初公開され、日本では同年11月に発売された。
「ルーテシア」の高性能モデルである「ルノースポール」シリーズの中でも、特に運動性能を突き詰めた「トロフィー」。2015年のジュネーブショーで世界初公開され、日本では同年11月に発売された。
「ルーテシアR.S.トロフィー」のインテリア。パンチングレザーを用いたステアリングホイールを装備している。
「ルーテシアR.S.トロフィー」のインテリア。パンチングレザーを用いたステアリングホイールを装備している。
サイドプロテクションモールには「TROPHY」のロゴが描かれている。
サイドプロテクションモールには「TROPHY」のロゴが描かれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る