ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示【東京モーターショー2011】

2011.11.14 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける東京モーターショーに、日本初公開の車両を3台出展する。

一番の注目は、2011年9月のフランクフルトショーで発表された「エリーゼS」。従来の上級グレード「エリーゼSC」に代わるモデルで、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する新しい1.8リッター直4スーパーチャージャーエンジンを搭載する。

そのほか、350psの3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載する「エヴォーラS」のオートマチック仕様「エヴォーラS IPS」や、ステアリングコラムのパドルでシフト操作ができるSPS(シリアル・プレシジョン・シフト)仕様の「エリーゼ クラブレーサー SPS」が展示される。

3台とも、日本への導入は2012年春予定とのこと。

(webCG ワタナベ)

「エヴォーラS IPS」
「エヴォーラS IPS」
「エリーゼS」
「エリーゼS」
「エリーゼ クラブレーサー SPS」
「エリーゼ クラブレーサー SPS」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • 「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタート 2017.8.8 自動車ニュース ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2017年8月8日、「ロータス・エヴォーラGT430」の受注を開始した。「一般公道を走行できるロータスの中で、史上最もパワフル」とうたわれるハイパフォーマンスモデルである。
  • 最高出力436psの「ロータス・エヴォーラGT430」登場 2017.7.21 自動車ニュース 英ロータスカーズは2017年7月20日、最高出力436psを発生する高性能スポーツカー「ロータス・エヴォーラGT430」を発表した。世界限定60台で販売される。
ホームへ戻る