トヨタが2016年のモータースポーツ活動計画発表

2016.02.04 自動車ニュース
新しい「TOYOTA GAZOO Racing」のロゴと、トヨタ自動車の伊勢清貴専務。
新しい「TOYOTA GAZOO Racing」のロゴと、トヨタ自動車の伊勢清貴専務。

トヨタが2016年のモータースポーツ活動計画を発表

トヨタ自動車は2016年2月4日、同年のモータースポーツ活動計画を発表した。

2017年のWRC参戦へ向けて開発が進められている「ヤリス(日本名『ヴィッツ』)」の競技車両と、(写真右から)トヨタの嵯峨宏英専務、トミ・マキネン氏、TMGの佐藤俊男社長。
2017年のWRC参戦へ向けて開発が進められている「ヤリス(日本名『ヴィッツ』)」の競技車両と、(写真右から)トヨタの嵯峨宏英専務、トミ・マキネン氏、TMGの佐藤俊男社長。

WRCで4度のドライバーズタイトルを獲得しているトミ・マキネン氏。「勝てるチームは高い志を持つ人が家族のように団結している。今はそういうチーム作りに力を入れている」と語った。


	WRCで4度のドライバーズタイトルを獲得しているトミ・マキネン氏。「勝てるチームは高い志を持つ人が家族のように団結している。今はそういうチーム作りに力を入れている」と語った。
SUPER GT GT500クラスのドライバーを引退し、チーム・ルマンの監督に就任した脇阪寿一氏(右)と、脇阪氏に花束を贈るトヨタの伊勢清貴専務。
SUPER GT GT500クラスのドライバーを引退し、チーム・ルマンの監督に就任した脇阪寿一氏(右)と、脇阪氏に花束を贈るトヨタの伊勢清貴専務。

■2017年のWRC参戦に向けた準備も

2015年4月に「TOYOTA Racing」「LEXUS Racing」「GAZOO Racing」を通じて取り組んできたモータースポーツ活動をGAZOO Racingに一本化したトヨタ。今回の発表会では、伊勢清貴専務が「もっといいクルマづくりに向けたトヨタの原動力にしたい」とモータースポーツ挑戦の意義を強調するとともに、新しい「TOYOTA GAZOO Racing」のロゴと、新たに白、黒、赤のカラーリングでデザインが統一された各カテゴリーの競技車両をお披露目した。

また、2017年からの参戦を予定している「世界ラリー選手権(WRC)」については、チームの代表を務めるトミ・マキネン氏と、トヨタ自動車の嵯峨宏英専務、トヨタモータースポーツGmbH(TMG)の佐藤俊男社長によるトークショーを実施。競技車両の開発状況について「3月の車両試験開始に向けて、そろそろエンジンが完成する」と述べるとともに、「すぐに勝てるかは分からないけれど、勝ってトヨタを示したい。日本を示したい。やるからには日本を背負う覚悟でやる」(嵯峨専務)と抱負を述べた。

なお、今回の発表会では、脇阪寿一氏がSUPER GT GT500クラスのドライバーを引退し、新たにチーム・ルマンの監督に就任することも発表された。長年にわたりトヨタのエースドライバーとして活躍してきた脇阪氏には、当日風邪で欠席していた豊田章男社長からの「15年間トヨタの仲間として活躍してくださり、本当にありがとうございました」というメッセージと、花束が贈られた。

2016年のWECに投入される「TS050 HYBRID」と、小林可夢偉選手(手前)、中嶋一貴選手(奥)。
2016年のWECに投入される「TS050 HYBRID」と、小林可夢偉選手(手前)、中嶋一貴選手(奥)。
SUPER GT GT500の車両は、昨年までと同じく「レクサスRC F」。トヨタはLEXUS GAZOO Racingとして、TRDを通じて各チームを支援するとしている。
SUPER GT GT500の車両は、昨年までと同じく「レクサスRC F」。トヨタはLEXUS GAZOO Racingとして、TRDを通じて各チームを支援するとしている。
フォトセッションにてステージ上に並ぶトヨタのモータースポーツ関係者。
フォトセッションにてステージ上に並ぶトヨタのモータースポーツ関係者。

■国内外のさまざまなカテゴリーに挑戦

今年、トヨタは「FIA世界耐久選手権(WEC)」「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」「全日本ラリー選手権」にチーム名「TOYOTA GAZOO Racing」で参戦。WECには新しいハイブリッドシステムを搭載した新型車「TS050 HYBRID」を投入するとともに、ドライバーには新たに元F1レーサーの小林可夢偉選手を起用し、年間タイトルの奪還とルマン24時間耐久レースでの初優勝を目指す。また、今年で参戦10年目となるニュルブルクリンク24時間耐久レースには、「レクサスRC」「トヨタC-HRレーシング」「レクサスRC F」の3台体制で挑む。

米国では、2015年にカイル・ブッシュ選手がドライバーズチャンピオンを獲得した「NASCAR」(ナスカー)に引き続き参戦するほか、南米で開催される「ダカールラリー」に参戦するトヨタ車体を継続して支援。国内では今年も「SUPER GT」「スーパーフォーミュラ」「スーパー耐久」に参戦し、SUPER GTでは各タイトルの奪還を目指すと発表した。

このほかにも、若手ドライバー育成プログラムの「TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラム」や「TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)」を継続して実施。ユーザーが参加して楽しむ「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」「TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race」「TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ」なども引き続き行われるという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。