ハイブリッドを搭載したホンダ・オデッセイ登場

2016.02.04 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルート Honda SENSING」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルート Honda SENSING」

ハイブリッドを搭載した「ホンダ・オデッセイ」登場

本田技研工業は2016年2月4日、ミニバン「オデッセイ」シリーズにハイブリッドモデルを追加。同時に、ガソリン車についても一部改良を実施し、同年2月5日発売すると発表した。

「オデッセイ ハイブリッド」
「オデッセイ ハイブリッド」
ハイブリッドシステムの透視図。
ハイブリッドシステムの透視図。
「ハイブリッド アブソルート Honda SENSING EXパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。
「ハイブリッド アブソルート Honda SENSING EXパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。
「ハイブリッド アブソルート Honda SENSING EXパッケージ」のシート。
「ハイブリッド アブソルート Honda SENSING EXパッケージ」のシート。

■JC08モード計測で26.0km/リッターを実現

今回設定されたハイブリッドモデルは、パワーユニットに「アコード」と同じ「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)i-MMD」が採用されている。このシステムは最高出力184ps、最大トルク32.1kgmを発生する走行用モーターと、発電用モーター、145psおよび17.8kgmを発生する2リッターガソリンエンジンを組み合わせたもので、燃費はオデッセイで26.0km/リッター、「オデッセイ アブソルート」の7人乗り仕様で24.4km/リッター、8人乗り仕様で25.2km/リッターとなっている(いずれもJC08モード)。

新開発のモーターについては巻線方式の構造を採用することで、従来型に比べて約23%の小型軽量化と、高トルク、高出力化を実現。ミニバンならではの空間効率や使い勝手を保つため、リチウムイオンバッテリーは1列目シートの床下に搭載している。

装備の強化も図っており、ガソリン車の「G」を除く全グレードに、プラズマクラスター技術を搭載したフルオートエアコンを採用したほか、「G・EX Honda SENSING(ホンダセンシング)」「HYBRID EXパッケージ」「アブソルート EX Honda SENSING」「ハイブリッド アブソルート Honda SENSING EXパッケージ」の4グレードには運転席大型アームレストを装備。また、自動緊急ブレーキなどからなる運転支援システム、Honda SENSINGの設定を拡大することで、幅広い仕様で選択可能とした。

価格は、オデッセイのガソリン車が276万円~352万9000円、オデッセイのハイブリッド車が356万円~402万6400円、オデッセイ アブソルートのガソリン車が298万円~362万5400円、オデッセイ アブソルートのハイブリッド車が386万6400円~405万6400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
オデッセイホンダHonda SENSING自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4... 2017.11.10 試乗記