メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)

働くメルセデス 2016.02.05 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。

しかるべき使い方をする人に乗ってほしい

およそ2年前、2014年の4月に“原産地”のドイツで乗って以来の再会だった。メルセデス・ベンツとしては珍しく、誕生から日本導入まで2年近くかかったのは、本国でもディーゼルエンジン車のみであることが関係していたかもしれない。

Vクラスはこれで3代目になるけれど、過去2世代はわが国ではガソリン車が販売された。当時メルセデスが輸入していたディーゼル車はV型6気筒のみ。メルセデスはクリーンディーゼルそのものの導入は早かったものの、価格の安い4気筒ディーゼルの導入では、ライバルのBMWに比べて慎重だった。
この間、社内で「4気筒ディーゼルを入れなければライバルに勝てない」という決断がなされたのだろう。まずは「Eクラス」「CLSクラス」に、2.1リッターの4気筒ディーゼルターボを追加すると、続いて基本的に同じエンジンを「Cクラス」とこのVクラスにも設定したのだった。

ボディーについては、旧型から存在したスタンダードとロングの2種類にエクストラロングが加わった。ロングがリアオーバーハングを伸ばしただけなのに対し、エクストラロングではホイールベースも3200mmから3430mmに延長している。
ただし2、3列目の広さはスタンダードと共通で、むしろ3列目シート後方の荷室の奥行きが際立つ。ガラスハッチを備えたその荷室には、空間を上下2段に分けるボードも備わっており使いやすい。
一方キャビンでは、エクストラロングにオプション設定される、折り畳み式テーブルを内蔵した前後スライド可能なコンソールボックスの作りに好感を抱いた。張りが強いシートはまさにドイツ車。運転席は着座位置が高く見晴らしは最高だが、走りだすと常に後方の“長さ”を意識させられる。また、収納スペースは下方に集中して設けられており、やや使いづらい。

いずれの仕様でも2トンを優に超える重量級の車体を、2.1リッター4気筒ディーゼルターボと7段ATのコンビは過不足なく加速させる。高速道路ではまっすぐ走るし、ステアリングの反応も素直だった。車載燃費計はおおむねリッター10km以上をマークしており、V6ガソリン時代から考えると夢のような数字だ。

ただストップ&ゴーが連続する日本の道では、ドイツで乗ったときよりディーゼル特有の音が気になった。硬質な乗り心地も手伝って、働くクルマっぽい。実際、欧州では送迎用のワゴンとして重用されている。
Vクラスは、「Sクラス」に匹敵する大きさに引かれて乗るクルマではない。こういうクルマこそ、しかるべき目的を持つユーザーの手で、それっぽく使われてほしい。そういうシーンでこそ、Vクラスは最も輝くはずだ。

(文=森口将之/写真=峰 昌宏)

【スペック】
メルセデス・ベンツV220d

全長×全幅×全高=4905×1930×1880mm/ホイールベース=3200mm/車重=2370kg/駆動方式=FR/エンジン=2.1リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ(163ps/3800rpm、38.7kgm/1400-2400rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=15.3km/リッター/価格=620万円

メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド エクストラロング
全長×全幅×全高=5380×1930×1880mm/ホイールベース=3430mm/車重=2490kg/駆動方式=FR/エンジン=2.1リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ(163ps/3800rpm、38.7kgm/1400-2400rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=15.3km/リッター/価格=730万円

※写真はいずれもメルセデス・ベンツV220d
 

ピアノラッカー調の装飾パネルが用いられた「V220d」のインテリア。上級グレードには木目調のパネルが用いられている。
ピアノラッカー調の装飾パネルが用いられた「V220d」のインテリア。上級グレードには木目調のパネルが用いられている。
シート表皮は「V220d」と「V220dトレンド」ではファブリック、「V220dアバンギャルド ロング」「V220dアバンギャルド エクストラロング」では本革となる。
シート表皮は「V220d」と「V220dトレンド」ではファブリック、「V220dアバンギャルド ロング」「V220dアバンギャルド エクストラロング」では本革となる。
シートレイアウトは全グレード共通で3列7人乗り。2列目はセパレート式、3列目は3分割可倒が可能なベンチ式となる。
シートレイアウトは全グレード共通で3列7人乗り。2列目はセパレート式、3列目は3分割可倒が可能なベンチ式となる。
荷室に装わる小物入れ付きの「ラゲッジルームセパレーター」。受注生産のエントリーグレード「V220dトレンド」を除く全車に標準装備される。
荷室に装わる小物入れ付きの「ラゲッジルームセパレーター」。受注生産のエントリーグレード「V220dトレンド」を除く全車に標準装備される。
エンジンは2.1リッター直4ディーゼルターボ、トランスミッションは7段ATのみの設定となっている。
エンジンは2.1リッター直4ディーゼルターボ、トランスミッションは7段ATのみの設定となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る