マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)

人の好みは十人十色 2016.02.09 試乗記 4代目「マツダ・ロードスター」に追加された、運動性能を高めた上級グレード「RS」に試乗。同車専用のチューニングがかなえた、ほかのグレードとは一味違う走りを試す。

グレードによって明確に走りが違う

『webCG』編集部からマツダ・ロードスターRSに乗ってインプレッションを書け、という指令を受けて「しめしめ」と思う。個人的に、マツダ・ロードスターはほぼ満点の出来。10万km以上をともにした初代こと「ユーノス・ロードスター」を、結婚、出産というありがちな理由で手放して以来、「いつかはロードスター」の思いを胸に秘めてきたわけでありますが、4代目の登場によっていよいよその気持ちが強くなったのである。

そんな折、「走りを強化した」とも「走りを熟成させた」ともいわれるロードスターRSに試乗をする機会をいただいて、これを役得と言わずなんと言おう。

試乗前夜、ロードスターの各バリエーションの足まわりをおさらいする。
「ロードスターS」と「ロードスターSスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージ」の6段MT仕様を比較すると、前者に備わらないリアのスタビライザーとトルセン式LSDが、後者には備わるところが目を引く。ボディー剛性を強化するトンネルブレースバーもロードスターSにはないけれど、ロードスターSスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージには備わる。
195/50R16というタイヤサイズは、共通だ。

これまでに何度か試乗した経験では、ロードスターSは柳腰というか、路面の凸凹をさらりとかわしつつ、コーナーをひらひらとクリアするフットワークの軽さが持ち味だ。対するロードスターSスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージは、ガッチリと路面をつかむソリッドな感覚と、スタビリティーの高さが身上といえる。

どっちが好みかと言われれば、圧倒的に前者。ロードスターSの乗り味が木や和紙を思わせるのに対して、ロードスターSスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージは石やコンクリートを思わせる。大げさに言えば、両者はそれぐらい違う。
で、ここに次のような装備で武装したロードスターRSが加わる。

正確な回頭性と手応えに優れたステアリングフィールを追求したという「マツダ・ロードスターRS」。2015年10月に発売された。
正確な回頭性と手応えに優れたステアリングフィールを追求したという「マツダ・ロードスターRS」。2015年10月に発売された。

インストゥルメントパネルまわりについては、他のグレードとの大きな違いはない。「Sスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージ」と同じく、7インチの液晶ディスプレイを用いたインフォテインメントシステムが標準装備される。


	インストゥルメントパネルまわりについては、他のグレードとの大きな違いはない。「Sスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージ」と同じく、7インチの液晶ディスプレイを用いたインフォテインメントシステムが標準装備される。
「RS」専用のレカロ製スポーツシート。表皮にはアルカンターラとナッパレザーが用いられている。
「RS」専用のレカロ製スポーツシート。表皮にはアルカンターラとナッパレザーが用いられている。
「RS」にはBOSE製のサウンドシステムと9つのスピーカーを組み合わせたオーディオが標準装備される。写真はシートに装着された「BOSE」のバッジと、ヘッドレストスピーカー。
「RS」にはBOSE製のサウンドシステムと9つのスピーカーを組み合わせたオーディオが標準装備される。写真はシートに装着された「BOSE」のバッジと、ヘッドレストスピーカー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る