ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)

格段に進化したけれど 2016.02.11 試乗記 750台は瞬く間に完売。310psを発生する2リッターVTECターボエンジンを搭載し、3年ぶりに復活した「ホンダ・シビック タイプR」の走りを試す。

見た目からしてタダ者ではない

「ニュルブルクリンク、FF最速」という開発目標を掲げ、それを達成したのが新型シビック タイプRだ。170以上のコーナーを持つ全長約20kmの難コースを1周して7分50秒63。それまで「ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィー」が持っていた7分54秒36を明確に上回った。

2009年に日本で発売された先代の「タイプR ユーロ」同様、新型も英国ホンダからのお取り寄せである。車検証の車名も「ホンダオブザユーケー」だ。リーマンショック後のカンフル剤的な意味合いも強かった先代は限定2010台だったが(後に1500台が追加販売された)、今度はさらに狭き門の750台。発表は2015年10月28日で、とっくに売り切れている。広報車は6台用意されているが、いずれも750台には入っていない“シリアルナンバー0000”である。

その1台のキーを借りて、ホンダの地下駐車場で対面する。ブラックグリルの顔が迫力だ。全幅を1880mmまで広げたブリスターフェンダーもスゴイ。黒いアルミホイールから赤いブレンボがのぞく足元もスゴイ。3次元曲面のカーボンウイングや4本出しマフラーを見せつける後ろ姿もスゴイ。先代モデルがホットハッチなら、これはもうレーシングハッチである。すぐにもSUPER GTにエントリーできそうだ。

直噴化とターボ化が施された新型2リッター4気筒VTECは、先代の2リッターを一気に109ps上回る310psを絞り出す。コールドスタート直後の振る舞いは意外やフツーだったが、青山通りに出て初めてアイドリングストップしたときには、「あっ、止まった!」と思った。やはり、それくらいの存在感はある。

新型「シビック タイプR」のインストゥルメントパネルまわり。本革巻きのステアリングホイールは底部がフラットなDシェイプタイプで、上部には赤いセンターマークが付く。
新型「シビック タイプR」のインストゥルメントパネルまわり。本革巻きのステアリングホイールは底部がフラットなDシェイプタイプで、上部には赤いセンターマークが付く。

ホンダ車の中でも、動力性能を追求した「タイプR」だけに装着される赤い「H」のエンブレム。


	ホンダ車の中でも、動力性能を追求した「タイプR」だけに装着される赤い「H」のエンブレム。
センターコンソールに備わるシリアルナンバープレート。新型「シビック タイプR」は、750台の台数限定で販売された。
センターコンソールに備わるシリアルナンバープレート。新型「シビック タイプR」は、750台の台数限定で販売された。
リアビューでは左右合わせて4本出しのマフラーや、ディフューザー、大型のリアウイングなどが目を引く。
リアビューでは左右合わせて4本出しのマフラーや、ディフューザー、大型のリアウイングなどが目を引く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る