メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC(4WD/7AT)

究極を感じさせないSUV 2016.02.10 試乗記 「Mクラス」改め「GLE」と新たな名前が与えられたメルセデス・ベンツのミディアムサイズSUV。その頂点に君臨する585psのスーパーSUV「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC」に試乗した。

まだまだ増えるSUV

結局、この先もひとり超然としていられるのはフェラーリだけなのかもしれない。そこにビジネスチャンスがある限り、見て見ぬふりはできないのが商売の常。それどころか積極的に陣地を取りにいかなければ、いつ足をすくわれるか分からない。それにしても、である。ロールス・ロイス/ベントレーなどの超名門にとどまらず、マセラティ、ランボルギーニといった世界有数のスポーツカーブランドまで高性能プレミアムSUVセグメントに参入することなど、ひと昔前には想像もできなかった。そもそも米国発祥のSUVはピックアップと同根で、多少手荒く扱ってもへこたれない頑丈さとタフさが売りだったが、ラグジュアリーかつオンロード志向のスタイリッシュで洗練されたモデルが増えた今では同じ頭字語で示すのは無理がある。大きくタフで走る路面を選ばない走破性を備えた多用途ステーションワゴン、などという昔ながらの定義づけは見直されなければいけない時代ではないだろうか。

20年あまり前にアラバマ州タスカルーサに工場を建設し、最重要市場でのMクラスの現地生産に乗り出したメルセデス・ベンツはこの分野のフロントランナーのひとりだから、後発組に後れをとるわけにはいかない。本国ドイツでは昨2015年をSUVの年と称したように、ニューモデルを投入してラインナップの一新を図ってきた。いわばマイナーチェンジだが、Mクラス改めGLEと新たな名前を与え、同時にBMWの「X6」の対抗馬と目される「GLEクーペ」を追加したのもその一環である。ちなみに今後は「GLA」、「GLC」(従来の「GLK」)、「GLS」(従来の「GL」)というように、それぞれ「A/C/Sクラス」と対応するネーミングで呼ばれることになった。

現時点では「350d」と「63 S」のみという思い切ったラインナップ構成をとる「GLE」シリーズ。今回試乗したのは後者。車両価格は1740万円。

黒を基調にスポーティーにまとめられた室内。ダッシュボードにはナッパレザーとブラックピアノラッカーウッドのトリムがあしらわれている。
5.5リッターV8ツインターボエンジンは585psと77.5kgmを生み出す。JC08モード燃費は7.4km/リッター。
ボディーカラーは全8色(ポーラーホワイト以外は有償)。試乗車の色は「ダイヤモンドホワイト」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る