メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)

ケタ外れなミニバン 2016.02.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。

日本人好みになっている!?

日本人のミニバンLOVEぶりは、世界的に突出している。その原因を推測し始めるとキリがないのでやめておくが、「子供ができたらミニバンでしょ!」はアタリマエで、「結婚したら即ミニバンだよね!」というから恐れ入る。若夫婦は当然のように「だっていずれ子供ができたら、広いクルマが要るじゃないですか~」とおっしゃるらしいが、そんな広いクルマが必要だと思ったこと、私は一度もありません……(一応二児の父)。いえ、それはまあいいです。

そして本邦のミニバンワールドでは、国産勢が圧倒的に強い。これに関しては完璧に理解できる。輸入ミニバンがどんなに力こぶを作って殴り込んでも、常にほんのちょっとしか食い込めない。そりゃ乗ってみりゃわかるよ、「違う違う、これじゃないんだよ!」としか言いようがないから。日本人が望むミニバンは“動くお茶の間”。でも輸入ミニバン――特にドイツ製は“兵員輸送車”なんだもん。

その兵員輸送系ミニバンの頂点がVクラスだった。ケタ外れの直進安定性を誇り、移動中は全員がヘビーデューティーなシートにビシッと背筋を伸ばして着座。移動が終了したら即降車して展開・布陣! 車内で家族がまったり過ごしたりすることは、あまり考慮されていないと感じてきた。まあベースが商用車ですし、本国ではいわゆる日本のミニバン的な使われ方をするケースは少ないと思いますし。
が、今度の新型Vクラスは、より乗用車的なテイストになっているという。そして、国産高級ミニバンに挑戦状をたたきつけているのだという。え、兵員輸送車を返上したの? ヨーロッパでもクルマ離れが進んで、結婚したら即ミニバンみたいなまったりムーブメントが進行中なの!?

日本国内では2015年10月に発売された3代目「メルセデス・ベンツVクラス」。今回テストした標準ボディー車のほかに、全長を245mm延長した「ロング」と、ホイールベースを230mm、全長を475mm延長した「エクストラロング」の計3タイプがラインナップされている。
「メルセデス・ベンツV220d」の前席。シート地はブラックのファブリックで、運転席の左側と助手席の右側に、アームレストが与えられる。
2列目シートを最も後方にスライドさせた様子。身長175cmの筆者が足を組める空間が生まれる。スライドドアの大きな窓ガラスは固定式で、開閉することはできない。
「メルセデス・ベンツV220d」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4905×1930×1880mm。日本の代表的な高級ミニバン「トヨタ・アルファード」と比べた場合、長さと高さはほぼ同じだが、幅は80mm広い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る