パープルが鮮烈なジープ・ラングラーの限定車

2016.02.08 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「エクストリームパープル」仕様の限定数は80台。
「ジープ・ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「エクストリームパープル」仕様の限定数は80台。 拡大

パープルが鮮烈な「ジープ・ラングラー」の限定車

FCAジャパンは2016年2月8日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」の限定モデル「Backcountry Edition(バックカントリー エディション)」を発表した。発売は2月13日。限定数は100台で、車両価格は443万8800円。

「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」のリアビュー。
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」のリアビュー。 拡大
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブラック」仕様の限定数は10台。
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブラック」仕様の限定数は10台。 拡大
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブライトホワイト」仕様の限定数は10台。
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブライトホワイト」仕様の限定数は10台。 拡大

アルファベットの「X」をかたどった専用デカール。


	アルファベットの「X」をかたどった専用デカール。
	拡大
ピアノブラックのアクセントが施されたインテリア。ブラックレザーとスポーツメッシュのコンビシートが装着される。
ピアノブラックのアクセントが施されたインテリア。ブラックレザーとスポーツメッシュのコンビシートが装着される。 拡大
17インチアルミホイールのカラーはブラックに。
17インチアルミホイールのカラーはブラックに。 拡大

■ウインタースポーツのイメージを表現

今回発表されたバックカントリー エディションは、ベース車の「ラングラー アンリミテッド サハラ レザーシート仕様」(3.6リッターV6エンジン+5段AT)に、ウインタースポーツのイメージを取り入れた点が特徴。

限定車専用のボディーカラーである「エクストリームパープル」の「エクストリーム」とは、過激なスポーツを意味するエクストリームスポーツ(Xスポーツ)が由来となっている。同様に、フロントフェンダーとリアのクオーターパネルに貼られたデカールのデザインは、Xスポーツの「X」をかたどっているという。

また、他のモデルでも人気のブラックアクセントをフロントグリル、Jeepエンブレム、ホイールおよびインパネまわりに採用し、シートには通気性に優れたレザーとスポーツタイプメッシュのコンビネーション素材を用いている。

さらに、ブラックカラーの17インチアルミホイールやラバーフロアマット、ロックレール、ピアノブラックインテリアアクセントなどの装備を設定しながら、ベース車両の価格から据え置きとなっている。

上記を含めた特別装備は以下のとおり。

・ブラックレザー/スポーツメッシュコンビシート
・フロントシートヒーター
・ピアノブラックインテリアアクセント
・ディーゼルグレーステッチ入りセンターアームレスト、およびドアアームレスト
・Backcountry専用ゲージアクセント
・Jeepロゴ入りラバーフロアマット、ブラックハードトップ
・ロックレール
・Jeepブラックバッジ
・Backcountry専用デカール
・グロスブラックアクセント付きボディーカラーグリル
・ブラックカラーフューエルフィラードア
・17インチアルミホイール(カラーはブラック)

100台の内訳は、エクストリームパープルが80台、ブラックが10台、ブライトホワイトが10台。インテリアカラーはブラックのみ。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る