マツダ・ロードスターSレザーパッケージ(FR/6AT)/ロードスターRS(FR/6MT)

冬だから楽しいオープンカー 2016.02.12 試乗記 冬の鹿児島で「マツダ・ロードスター」に試乗。穏やかな気候のもと、風光明媚なワインディングロードで走りを満喫、のはずだったのだが……。仕様の異なる2台のモデルを乗り比べ、このクルマに込められた開発陣の思いを探った。

オープンカーにチェーン!?

「デミオ」につづいて2年連続のカー・オブ・ザ・イヤー受賞というのは、マツダにとって誇るべき快挙である。しかも、ロードスターとしては先代に続いてのイヤーカーになった。お祝い気分になるのは当然だ。だからなのか、特段のトピックはないのに試乗会が開かれることになった。“冬でも楽しいオープン走行”がテーマである。会場に選ばれたのは、冬季でも気候が穏やかで快適なドライブが約束される鹿児島だ。

考えぬいた上の場所選びだったはずだが、大自然の力は恐ろしい。試乗会の前日、猛烈な寒気が九州全域を襲った。鹿児島は氷点下10度以下という記録的な寒さとなり、地域によっては積雪が10cmを超えた。高速道路は全線通行止め。羽田から鹿児島に向かう飛行機も直前まで飛ぶかどうかわからなかった。空港に着くと、南国らしさを演出するはずのソテツやパームツリーはすっかり雪に覆われていた。

ロードスターにはしっかりチェーンが装着されていた。道路にはまだ雪が残っていて、万が一を考えての対応である。考えようによっては、チェーンをつけたロードスターに乗るというのは得難い経験だ。これも意義深い機会だと思って乗ってみたが、ガタガタするばかりでハンドリングや乗り心地をうんぬんすることなどできそうにない。実際にロードスターオーナーが雪に見舞われたなら、チェーンをつけてまで走ろうとは思わないだろう。安全のための配慮には感謝しつつも、出発前に外してしまった。

初日に試乗した6段AT仕様の「ロードスターSレザーパッケージ」。レザーシートやBOSE製のサウンドシステムを装備した上級グレードにあたる。
初日に試乗した6段AT仕様の「ロードスターSレザーパッケージ」。レザーシートやBOSE製のサウンドシステムを装備した上級グレードにあたる。
「Sレザーパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。現行型「ロードスター」では、ダッシュボードを低く設定するために助手席のグローブボックスが省略されている。
「Sレザーパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。現行型「ロードスター」では、ダッシュボードを低く設定するために助手席のグローブボックスが省略されている。
雪化粧の桜島と「ロードスターSレザーパッケージ」。
雪化粧の桜島と「ロードスターSレザーパッケージ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る