マツダ・ロードスターSレザーパッケージ(FR/6AT)/ロードスターRS(FR/6MT)

冬だから楽しいオープンカー 2016.02.12 試乗記 冬の鹿児島で「マツダ・ロードスター」に試乗。穏やかな気候のもと、風光明媚なワインディングロードで走りを満喫、のはずだったのだが……。仕様の異なる2台のモデルを乗り比べ、このクルマに込められた開発陣の思いを探った。

オープンカーにチェーン!?

「デミオ」につづいて2年連続のカー・オブ・ザ・イヤー受賞というのは、マツダにとって誇るべき快挙である。しかも、ロードスターとしては先代に続いてのイヤーカーになった。お祝い気分になるのは当然だ。だからなのか、特段のトピックはないのに試乗会が開かれることになった。“冬でも楽しいオープン走行”がテーマである。会場に選ばれたのは、冬季でも気候が穏やかで快適なドライブが約束される鹿児島だ。

考えぬいた上の場所選びだったはずだが、大自然の力は恐ろしい。試乗会の前日、猛烈な寒気が九州全域を襲った。鹿児島は氷点下10度以下という記録的な寒さとなり、地域によっては積雪が10cmを超えた。高速道路は全線通行止め。羽田から鹿児島に向かう飛行機も直前まで飛ぶかどうかわからなかった。空港に着くと、南国らしさを演出するはずのソテツやパームツリーはすっかり雪に覆われていた。

ロードスターにはしっかりチェーンが装着されていた。道路にはまだ雪が残っていて、万が一を考えての対応である。考えようによっては、チェーンをつけたロードスターに乗るというのは得難い経験だ。これも意義深い機会だと思って乗ってみたが、ガタガタするばかりでハンドリングや乗り心地をうんぬんすることなどできそうにない。実際にロードスターオーナーが雪に見舞われたなら、チェーンをつけてまで走ろうとは思わないだろう。安全のための配慮には感謝しつつも、出発前に外してしまった。

初日に試乗した6段AT仕様の「ロードスターSレザーパッケージ」。レザーシートやBOSE製のサウンドシステムを装備した上級グレードにあたる。
初日に試乗した6段AT仕様の「ロードスターSレザーパッケージ」。レザーシートやBOSE製のサウンドシステムを装備した上級グレードにあたる。
「Sレザーパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。現行型「ロードスター」では、ダッシュボードを低く設定するために助手席のグローブボックスが省略されている。
「Sレザーパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。現行型「ロードスター」では、ダッシュボードを低く設定するために助手席のグローブボックスが省略されている。
雪化粧の桜島と「ロードスターSレザーパッケージ」。
雪化粧の桜島と「ロードスターSレザーパッケージ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る