【スペック】全長×全幅×全高=4385×1831×1590mm/ホイールベース=2603mm/車重=1565kg/駆動方式=4WD/2リッター直4 DOHC16バルブターボ(211ps/5000-6200rpm、30.6kgm/1800-4900rpm)(欧州仕様車)

アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】

初めてでも安心 2011.11.14 試乗記 アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ

アウディのSUVラインに、最もコンパクトな「Q3」が登場。その走りっぷりや乗り心地を、中国での試乗会からリポートする。

カジュアルなSUV

アウディの最新作である「Q3」は、最もコンパクトなSUV。2011年4月に上海で開催されたオートショーで発表されたモデルだ。そのQ3の、世界規模での一大試乗会が、「トランス・チャイナ・ツアー」の名の下に開催された。

「アウディQ3」は、日本でも人気のSUV「Q5」の下に位置するモデルで、Q5がエンジン縦置きレイアウトであるのに対し、横置きであるのが最大の違いである。日本仕様のQ5と比較すると、全長は250mm短い4385mm、全幅は69mm狭い1831mm、そして全高が70mm低い1590mmとなる。
ハッチゲートはより寝かされ、「クーペのようなキャラクター」(アウディ)が与えられている。SUVというよりハッチバックのようなイメージ、ともいえる。軽快感、あるいはパーソナル感が強く、Q5が実用性や機能性を重視するのに対して、よりカジュアルな乗り方を提案しているようにも感じられる。

日本への導入は「2012年中ごろ」という。パワートレインはラインナップ中最もパワフルな211psの2リッター4気筒ターボに、フルタイム4WDシステムの「クワトロ」が組み合わされるもよう。変速機は7段の「Sトロニック」となる予定だ。

試乗会の発車場に並べられた「Q3」。サモアオレンジのボディーカラーが目を引く。
試乗会の発車場に並べられた「Q3」。サモアオレンジのボディーカラーが目を引く。
インテリアの様子。ほかのアウディ車と同様に「BOSEサラウンドサウンドシステム」「MMIナビゲーションプラス」といった快適装備が用意される。
インテリアの様子。ほかのアウディ車と同様に「BOSEサラウンドサウンドシステム」「MMIナビゲーションプラス」といった快適装備が用意される。
アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る