メルセデス・ベンツGLCの国内販売がスタート

2016.02.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ」
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ」

新型SUV「メルセデス・ベンツGLC」発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年2月9日、ミドルサイズSUV「GLK」の後継モデルとなる「GLC」を発表。同日、販売を開始した。

「GLC250 4MATICスポーツ」のリアビュー。
「GLC250 4MATICスポーツ」のリアビュー。
 
メルセデス・ベンツGLCの国内販売がスタートの画像
荷室の様子。先代モデルにあたる「GLK」に比べて、標準状態の積載容量は100リッター拡大された。
荷室の様子。先代モデルにあたる「GLK」に比べて、標準状態の積載容量は100リッター拡大された。
2リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する。
2リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する。
9段オートマチックトランスミッション「9G-TRONIC」のカットモデル。
9段オートマチックトランスミッション「9G-TRONIC」のカットモデル。
 
メルセデス・ベンツGLCの国内販売がスタートの画像

■“GL”+“C”=“GLC”

これまでメルセデス・ベンツは、同社のセダン「Cクラス」が持つテクノロジーを受け継ぐSUV、GLKを販売してきたが、2008年誕生のこのミドルサイズSUVが今回フルモデルチェンジにより生まれ変わった。メルセデスではSUVモデルの名前を、“GL”に車格を表すアルファベット1文字を加えた構成としたため、新型はGLCを名乗ることになった。

名前だけでなく、エクステリアデザインも一新された。GLKが直線基調のデザインを採用していたのに対し、このGLCは優美な曲面を特徴とする最新のメルセデスデザインにより仕立て上げられており、そのぶん旧型よりも大きく見える。実際ボディーサイズは、全長が110mm、全幅が50mm拡大されており、それぞれ4660mm、1890mmになった。一方、全高は25mm低い1645mmに抑えられている。

コックピットは、Cクラスのデザインを踏襲。GLKは日本仕様でも左ハンドルしか選べなかったが、このGLCでは右ハンドルのみの設定となるため、より幅広い層に受け入れられそうだ。
ホイールベースが伸びたおかげで、前後席のスペースはアップ。特に後席のレッグルームは57mm拡大された。ラゲッジルームはGLKよりも100リッター広い550リッター。後席を倒せば、最大1600リッターにまで拡大可能だ。

エンジンは最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する2リッター直4直噴ターボ。これに9段オートマチックの「9G-TRONIC」が組み合わされる。駆動方式は全車フルタイム4WDの「4MATIC」を採用する。燃費は13.4km/リッター(JC08モード)と、3.5リッターV6のGLKに比べて約15%向上した。

サスペンションは、フロント4リンク式、リアが5リンク式で、走行状況に応じてダンパー内のオイル量を変えて減衰力をコントロールする「アジリティコントロールサスペンション」を採用。スロットル特性やシフトスケジュール、ステアリング特性などの組み合わせを5つのモードから選べる「ダイナミックセレクト」も標準で搭載される。

Cクラスと同等の安全装備や快適装備も、GLCのセリングポイントだ。「インテリジェントドライブ」として、ステアリングアシスト機能付きのレーダークルーズコントロールシステム「ディストロニック・プラス」や、歩行者検知機能の付いたブレーキアシスト「BASプラス」および自動ブレーキシステム「PRE-SAEブレーキ」、追突を警告する「リアCPA」などが用意される。自動ハイビーム機能を備えた「LEDインテリジェントライトシステム」は、標準装着される。

GLCのラインナップと価格は、以下の通り。

・GLC250 4MATIC:628万円
・GLC250 4MATICスポーツ:678万円
・GLC250 4MATICスポーツ(本革仕様):745万円

(文=生方 聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2016.7.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る