第436回:「スーパーカーの国」イタリアでいま、スーパーカーが売れてない!

2016.02.12 エッセイ

フェラーリ見たけりゃ中国で

「もはやイタリアはスーパーカーの国ではない」

イタリアを代表する自動車専門サイトのひとつ『オムニアウト』が、興味深い記事を2015年12月に配信した。イタリア自動車輸入組合の統計を分析したものだ。それによると2015年1~11月に国内で登録されたスーパーカーはわずか252台、シェアにして0.1%にとどまる。ここでスーパーカーとされているのは、フェラーリの「F12ベルリネッタ」「488GTB」「FF」、ランボルギーニの「アヴェンタドール」と「ウラカン」、マクラーレンの「650S」といったモデルだ。

リーマンショックの発生年であるものの、まだ販売に影響が少なかった2008年に登録されたスーパーカーの台数(1265台)からすると、およそ8割減になる。
記事は、同期間の自動車登録台数全体の落ち込みが約24%だったのに対して、スーパーカー市場の縮小が著しいことを指摘。背景として、依然として先行き不透明な経済状況と、2011年に導入された高出力車向け特別税があることを示唆している。
現在は、最高出力185kW(251.5ps)を超える車両に対して、1kW(1.36ps)あたり20ユーロ(約2600円)の特別税が課される。

例えば、485kWの「フェラーリFF DCT」を購入した場合、通常の自動車税1455ユーロ(約19万円)に、300kWオーバー分の特別税6000ユーロ(約78万円)が加算される。特別税の税率は乗り続けるごとに段階的に減ってゆくが、ゼロになるには20年も待たなければならない。参考までに、わが家の小型車は103kWで、2016年1月末に支払った自動車税は、年間283.8ユーロ(約3万7000円)であった。

記事は、「イタリアはスーパーカーの故郷であるが、イタリア人がその製品を鑑賞するためには、販売が好調な中国か中東、または米国といった“高級車パラダイス”に行かなければならない」と、皮肉交じりに締めくくっている。

2008年のボローニャモーターショーのフェラーリブース。リーマンショックが発生した直後だが、スーパーカーに対するイタリア人の関心は今より高かった。
2008年のボローニャモーターショーのフェラーリブース。リーマンショックが発生した直後だが、スーパーカーに対するイタリア人の関心は今より高かった。
イタリアを縦断するアウトストラーダ「太陽の道」で。幹線とはいえ、フェラーリやランボルギーニに遭遇するのは極めてまれだ。
イタリアを縦断するアウトストラーダ「太陽の道」で。幹線とはいえ、フェラーリやランボルギーニに遭遇するのは極めてまれだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。