特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場

2016.02.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATIC Edition 1」
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATIC Edition 1」

特別な内外装の「メルセデス・ベンツGLC」限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年2月9日、新型SUV「GLC」の日本導入を記念し、特別仕様車「GLC250 4MATIC Edition 1(エディション1)」を250台限定で発売した。

 
特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場の画像
「GLC250 4MATIC Edition 1」のインテリア。インテリアトリムには、ブラウンライムウッドとアルミニウムが採用されている。
「GLC250 4MATIC Edition 1」のインテリア。インテリアトリムには、ブラウンライムウッドとアルミニウムが採用されている。
「チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール」
「チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール」
 
特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場の画像

今回の特別仕様車は「GLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)」がベース。チタニウムグレーペイントの20インチAMGマルチスポークアルミホイールや、designoナッパレザーシート、“Edition 1”バッジなどで内外装がドレスアップされている。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】
・チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール
・“Edition 1”バッジ(フェンダー)

【インテリア】
・designoナッパレザーシート(ダイヤモンドデザイン、クリスタルグレーステッチ入り)
・クリスタルグレーステッチ入りのレザーARTICOインテリア(ダッシュボード上部、ベルトライン)
・ダイヤモンドデザインドアセンターパネル
・クリスタルグレーステッチ入りセンターアームレスト&ドアアームレスト
・designoブラックベロアフロアマット(ARTICOパイピング、“Edition 1”バッジ付き)
・“Edition 1”バッジ(センターコンソール)

ボディーカラーはダイヤモンドホワイトのみ。インテリアカラーはブラックで、ブラウンライムウッドとアルミニウムのインテリアトリムが採用されている。

価格は、ベースモデルより51万円高の796万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定 2016.9.9 自動車ニュース 「メルセデス・ベンツGLC」に、最高出力367psの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載した高性能モデル「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」が登場。0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様値)という動力性能を実現している。
  • メルセデス、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発売 2016.11.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表し、同日発売した。ワゴンならではの高い実用性を備えながら、セダンと同様の安全性と快適性を実現しているのが特徴。車両価格は712万~1186万円。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
ホームへ戻る