特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場

2016.02.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATIC Edition 1」
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATIC Edition 1」 拡大

特別な内外装の「メルセデス・ベンツGLC」限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年2月9日、新型SUV「GLC」の日本導入を記念し、特別仕様車「GLC250 4MATIC Edition 1(エディション1)」を250台限定で発売した。

 
特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場の画像 拡大
「GLC250 4MATIC Edition 1」のインテリア。インテリアトリムには、ブラウンライムウッドとアルミニウムが採用されている。
「GLC250 4MATIC Edition 1」のインテリア。インテリアトリムには、ブラウンライムウッドとアルミニウムが採用されている。 拡大
「チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール」
「チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール」 拡大
 
特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場の画像 拡大

今回の特別仕様車は「GLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)」がベース。チタニウムグレーペイントの20インチAMGマルチスポークアルミホイールや、designoナッパレザーシート、“Edition 1”バッジなどで内外装がドレスアップされている。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】
・チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール
・“Edition 1”バッジ(フェンダー)

【インテリア】
・designoナッパレザーシート(ダイヤモンドデザイン、クリスタルグレーステッチ入り)
・クリスタルグレーステッチ入りのレザーARTICOインテリア(ダッシュボード上部、ベルトライン)
・ダイヤモンドデザインドアセンターパネル
・クリスタルグレーステッチ入りセンターアームレスト&ドアアームレスト
・designoブラックベロアフロアマット(ARTICOパイピング、“Edition 1”バッジ付き)
・“Edition 1”バッジ(センターコンソール)

ボディーカラーはダイヤモンドホワイトのみ。インテリアカラーはブラックで、ブラウンライムウッドとアルミニウムのインテリアトリムが採用されている。

価格は、ベースモデルより51万円高の796万円。

(webCG)

関連キーワード:
GLCメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 第494回:新型「スバル・フォレスター」がデビュー!
    ニューヨークショーで見た、率直な感想は?
    2018.4.7 エディターから一言 ニューヨーク国際自動車ショーで、いよいよ世界初公開された新型「スバル・フォレスター」。日米問わず根強いファンを持つスバルの最量販モデルは、果たしてどのような進化を遂げたのか? モーターショーの会場から“ファーストインプレッション”をお届けする。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディSQ5 2018.4.5 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「アウディSQ5」。354psの3リッターV6 TFSIエンジンを搭載するハイパフォーマンスSUVの走りを堪能する!
ホームへ戻る