特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場

2016.02.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATIC Edition 1」
「メルセデス・ベンツGLC250 4MATIC Edition 1」

特別な内外装の「メルセデス・ベンツGLC」限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年2月9日、新型SUV「GLC」の日本導入を記念し、特別仕様車「GLC250 4MATIC Edition 1(エディション1)」を250台限定で発売した。

 
特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場の画像
「GLC250 4MATIC Edition 1」のインテリア。インテリアトリムには、ブラウンライムウッドとアルミニウムが採用されている。
「GLC250 4MATIC Edition 1」のインテリア。インテリアトリムには、ブラウンライムウッドとアルミニウムが採用されている。
「チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール」
「チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール」
 
特別な内外装のメルセデス・ベンツGLCが登場の画像

今回の特別仕様車は「GLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)」がベース。チタニウムグレーペイントの20インチAMGマルチスポークアルミホイールや、designoナッパレザーシート、“Edition 1”バッジなどで内外装がドレスアップされている。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】
・チタニウムグレーペイント20インチAMGマルチスポークアルミホイール
・“Edition 1”バッジ(フェンダー)

【インテリア】
・designoナッパレザーシート(ダイヤモンドデザイン、クリスタルグレーステッチ入り)
・クリスタルグレーステッチ入りのレザーARTICOインテリア(ダッシュボード上部、ベルトライン)
・ダイヤモンドデザインドアセンターパネル
・クリスタルグレーステッチ入りセンターアームレスト&ドアアームレスト
・designoブラックベロアフロアマット(ARTICOパイピング、“Edition 1”バッジ付き)
・“Edition 1”バッジ(センターコンソール)

ボディーカラーはダイヤモンドホワイトのみ。インテリアカラーはブラックで、ブラウンライムウッドとアルミニウムのインテリアトリムが採用されている。

価格は、ベースモデルより51万円高の796万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.13 試乗記 好調なセールスを続けるメルセデスのラインナップに、新たな売れセンSUV「GLC」が加わった。「Cクラス」の“C”を冠した、注目モデルの出来栄えは? 下野康史がリポートする。
  • メルセデス、「GLC」のラインナップを拡充 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、ミドルサイズSUV「GLC」のラインナップに「GLC200」および「GLC220d 4MATIC」を追加設定し、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツGLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.8 試乗記 メルセデス・ベンツの新たなミドルクラスSUV「GLC」が、日本に上陸。試乗してみると、ライバルメーカーを戦々恐々とさせるに足る、完成度の高さが見えてきた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
ホームへ戻る