ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミック(4WD/8AT)/レンジローバー イヴォーク SEプラス(4WD/9AT)/ジャガーFタイプ R AWD クーペ(4WD/8AT)/XEポートフォリオ(FR/8AT)

雪山は招くよ 2016.02.17 試乗記 ランドローバーの走破性の高さは誰もが知るところ。今回は雪道を舞台に、「レンジローバー スポーツ」と「レンジローバー イヴォーク」で、山ありモーグルあり一般道ありのスノードライブに出掛けた。併せて、特設コースで「ジャガーFタイプ R AWDクーペ」の“雪上ハンドリング”をチェックした。

4WDのありがたみ

白く輝く北アルプスの峰々とランドローバー。まさに絵のような、誰からも文句が出ない鉄板の組み合わせだ。圧倒的な伝統と実績に裏打ちされた逞(たくま)しさが、どんなに深い雪道でも、どれほど荒れた天気でも物ともせずに踏み入っていけるという安心感を与え、“男子”の単純な冒険心を刺激する。もちろん、たとえ真冬の北アルプスのお膝元、白馬周辺とはいえ、暖冬のうえに除雪が行き届いた一般道など、世界の辺境で、それこそベリーズのジャングルからナミビアの砂漠まで世界中の過酷な舞台で活躍するランドローバーにとっては、朝飯前のお茶にもならないぐらいである。実際、地元のフツーの軽自動車が元気に行き来しているように、本格的な4WD車でなければ雪国で暮らせないというわけではない。スタッドレスタイヤさえ履いていれば、平凡な前輪駆動(FWD)でも立派に役に立つ。経験がない人にはなかなか実感として分かりにくいのだが、降雪地帯に暮らす人たちが、雪が降るたびにすくんでいては冬の間の生活が成り立たない。皆さん経験と知恵を生かして雪と付き合っているのである。では、冬になるとどのメーカーもこぞって雪上試乗会のようなものを企画するのは何のためか。誤解を恐れずに言えば、経験と知識が足りないドライバーをアシストしてくれる能力をアピールするためだ。悪コンディションでの限界能力がより高い4WDは多少のコンディション悪化など気にせずに、フールプルーフに走ることができる。そういう4WDを腕のある人が高いレベルで使いこなせばプロの道具になるというわけだ。

誰もがランドローバーを必要とするわけではないけれど、週末ごとに高速道路を飛ばして白馬の別荘へ駆けつける、というような夢の生活を妄想すると、やはり「レンジローバー」や「ディスカバリー」が、いや「ディスカバリー スポーツ」や「イヴォーク」でもいいけれど、そんなオールラウンダーがあれば理想的だ。ドライの高速道路では快適で安心、現地に着いて除雪が行き届かない駐車場に止める際にも苦にしない。一度その便利さを味わってしまうともう忘れられないのが人間の性(さが)というものだ。

ずらりと並んだ試乗車の一群。試乗の舞台は長野県の白馬周辺。ランドローバーは特設コースと一般道、ジャガーは特設エリアでのみ試乗した。


	ずらりと並んだ試乗車の一群。試乗の舞台は長野県の白馬周辺。ランドローバーは特設コースと一般道、ジャガーは特設エリアでのみ試乗した。
まず試乗したのは「レンジローバー スポーツ」の上級グレード「オートバイオグラフィー ダイナミック」。ユニークなトライトーン(エスプレッソ/アイボリー/タン)のオックスフォード・パーフォレイテド・レザーシートが装着される。
まず試乗したのは「レンジローバー スポーツ」の上級グレード「オートバイオグラフィー ダイナミック」。ユニークなトライトーン(エスプレッソ/アイボリー/タン)のオックスフォード・パーフォレイテド・レザーシートが装着される。
試乗車には「ピレリ・スコーピオン ウインター」タイヤが装着されていた。サイズは前後とも275/45R21。
試乗車には「ピレリ・スコーピオン ウインター」タイヤが装着されていた。サイズは前後とも275/45R21。
ボディーカラーは「フジ・ホワイト」。
ボディーカラーは「フジ・ホワイト」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る