アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)

お姉ちゃんに期待! 2016.02.12 試乗記 新旧の「ジュリエッタ」に、共通する味わいはあるのか? 初代のオーナーだったリポーターが、ミドシップスポーツ「4C」のエンジンを受け継いだ高性能グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」で軽井沢を目指した。

歴史あるブランドの故事来歴をまとう

かつて「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スプリント」に乗っていたことがある。1959年式の初代モデルだ。山の中で動かなくなってしまったりして苦労は多かったが、スタイルもエンジン音も大好きだった。この3代目ジュリエッタは初代とはまったく別物だが、名前だけでどうしてもシンパシーを抱いてしまう。

初代は量産車メーカーとして発展する手がかりとなるモデルとして歴史に名を刻んだ。今やアルファ・ロメオは立派なプレミアムブランドへと発展している。ジュリエッタは激戦のCセグメントに属しているが、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」よりちょっと高めのラインが狙いだ。「クアドリフォリオ ヴェルデ」は最上級バージョンで、かつてタルガフローリオなどのレースで幸運を呼ぶしるしとして使われた四つ葉のクローバーを意味している。

ベーシックグレードのエンジンが1.4リッターなのに対し、クアドリフォリオは1.7リッターだ。いや、1750エンジンと言わなければならない。名車「6C 1750」にちなみ、アルファ・ロメオでは伝統的にそう呼びならわされてきた。歴史のあるブランドというのは故事来歴の宝庫であり、しきたりや決まりごとに覆い尽くされている。

最高出力は「ゴルフGTI」を20ps上回る240psで、期待通り力強い加速を見せる。ツインクラッチ式トランスミッションの「アルファTCT」はスムーズで破綻がない。「156」にセレスピードが採用された頃はシフトダウンでの派手な演出に驚かされたものだが、アルファ・ロメオも大人になった。ひけらかすところはなく、真面目で実用的だ。

ならばゴルフにすればいいではないかと言われては困る。リアドアには156に淵源(えんげん)を持つ隠しドアノブを使い、5ドアハッチバックボディーにクーペライクな美しさを与えている。内装は素材こそ硬質で実質本位だが、黒と茶で構成されたインテリアはスポーティーさとエレガントさを併せ持つすてきな意匠だ。

つらつら書き連ねながら、少しだけ心に引っかかりがあることを自覚している。初代のオーナーだった身としては、何か理屈を超えて夢中になれる妙味のようなものを求めてしまうのだ。細かい振動やロードノイズが気になったのはウインタータイヤを装着していたことを割り引かなければならないが、エンジン音に艶っぽさを感じなかったことには関係ないはずだ。クルマに女性性と男性性を重ねあわせたような艶(なまめ)かしさを求めるのは、時代に取り残されたジジイのたわごとなのだろうか。

昨年アルファ・ロメオは、新型「ジュリア」を発表した。初代でもジュリエッタの後にジュリアが登場している。ジュリエッタは“小さなジュリア”を意味するから順番が逆なのだが、妹の後に満を持して姉がステージに立つ。ジュリアはFR(あるいは4WD)のDセグメントセダンで、ここから本格的にプレミアム路線を突き進むことになるようだ。お姉ちゃんにはぜひともアルファ復活の旗手となってもらいたい。ただ、価格帯が相当上がってしまいそうだから、手頃な値段でアルファ・ロメオを手に入れるのは今がラストチャンスかもしれない。

(文=鈴木真人/写真=高橋信宏)

【スペック】
全長×全幅×全高=4350×1800×1460mm/ホイールベース=2635mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/エンジン=1.7リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(240ps/5750rpm、30.6kgm/1850rpm ※ダイナミックモード選択時は34.7kgm/2000rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=10.8km/リッター(JC08モード)/価格=425万5200円
 

 

フラットボトムのステアリングホイールがスポーティーさを主張するインテリア。デュアルクラッチ式AT「アルファTCT」は、急発進時のトラクションを最適化する「ローンチコントロール機能」を備えている。
フラットボトムのステアリングホイールがスポーティーさを主張するインテリア。デュアルクラッチ式AT「アルファTCT」は、急発進時のトラクションを最適化する「ローンチコントロール機能」を備えている。
フロントフェンダーに備わる「四つ葉(クアドリフォリオ)のクローバー」は、幸運を呼ぶしるし。
フロントフェンダーに備わる「四つ葉(クアドリフォリオ)のクローバー」は、幸運を呼ぶしるし。
「4C」と同じ1742ccの直列4気筒エンジンは最高出力240ps、最大トルク34.7kgm(ダイナミックモード選択時)を発生する。
「4C」と同じ1742ccの直列4気筒エンジンは最高出力240ps、最大トルク34.7kgm(ダイナミックモード選択時)を発生する。
雪景色の長野・軽井沢で。今回のテスト車は、ピレリの冬用タイヤ「ウインター ソットゼロ3」(225/40R18 92V)を装着していた。
雪景色の長野・軽井沢で。今回のテスト車は、ピレリの冬用タイヤ「ウインター ソットゼロ3」(225/40R18 92V)を装着していた。
「クアドリフォリオ ヴェルデ」のボディーカラーは全6色の設定。インテリアカラーは4種類から選べる。テスト車は、「アルファ レッド」と「ナチュラル」レザーシートの組み合わせ。
「クアドリフォリオ ヴェルデ」のボディーカラーは全6色の設定。インテリアカラーは4種類から選べる。テスト車は、「アルファ レッド」と「ナチュラル」レザーシートの組み合わせ。
 
アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)【レビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る