アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)

お姉ちゃんに期待! 2016.02.12 試乗記 新旧の「ジュリエッタ」に、共通する味わいはあるのか? 初代のオーナーだったリポーターが、ミドシップスポーツ「4C」のエンジンを受け継いだ高性能グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」で軽井沢を目指した。

歴史あるブランドの故事来歴をまとう

かつて「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スプリント」に乗っていたことがある。1959年式の初代モデルだ。山の中で動かなくなってしまったりして苦労は多かったが、スタイルもエンジン音も大好きだった。この3代目ジュリエッタは初代とはまったく別物だが、名前だけでどうしてもシンパシーを抱いてしまう。

初代は量産車メーカーとして発展する手がかりとなるモデルとして歴史に名を刻んだ。今やアルファ・ロメオは立派なプレミアムブランドへと発展している。ジュリエッタは激戦のCセグメントに属しているが、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」よりちょっと高めのラインが狙いだ。「クアドリフォリオ ヴェルデ」は最上級バージョンで、かつてタルガフローリオなどのレースで幸運を呼ぶしるしとして使われた四つ葉のクローバーを意味している。

ベーシックグレードのエンジンが1.4リッターなのに対し、クアドリフォリオは1.7リッターだ。いや、1750エンジンと言わなければならない。名車「6C 1750」にちなみ、アルファ・ロメオでは伝統的にそう呼びならわされてきた。歴史のあるブランドというのは故事来歴の宝庫であり、しきたりや決まりごとに覆い尽くされている。

最高出力は「ゴルフGTI」を20ps上回る240psで、期待通り力強い加速を見せる。ツインクラッチ式トランスミッションの「アルファTCT」はスムーズで破綻がない。「156」にセレスピードが採用された頃はシフトダウンでの派手な演出に驚かされたものだが、アルファ・ロメオも大人になった。ひけらかすところはなく、真面目で実用的だ。

ならばゴルフにすればいいではないかと言われては困る。リアドアには156に淵源(えんげん)を持つ隠しドアノブを使い、5ドアハッチバックボディーにクーペライクな美しさを与えている。内装は素材こそ硬質で実質本位だが、黒と茶で構成されたインテリアはスポーティーさとエレガントさを併せ持つすてきな意匠だ。

つらつら書き連ねながら、少しだけ心に引っかかりがあることを自覚している。初代のオーナーだった身としては、何か理屈を超えて夢中になれる妙味のようなものを求めてしまうのだ。細かい振動やロードノイズが気になったのはウインタータイヤを装着していたことを割り引かなければならないが、エンジン音に艶っぽさを感じなかったことには関係ないはずだ。クルマに女性性と男性性を重ねあわせたような艶(なまめ)かしさを求めるのは、時代に取り残されたジジイのたわごとなのだろうか。

昨年アルファ・ロメオは、新型「ジュリア」を発表した。初代でもジュリエッタの後にジュリアが登場している。ジュリエッタは“小さなジュリア”を意味するから順番が逆なのだが、妹の後に満を持して姉がステージに立つ。ジュリアはFR(あるいは4WD)のDセグメントセダンで、ここから本格的にプレミアム路線を突き進むことになるようだ。お姉ちゃんにはぜひともアルファ復活の旗手となってもらいたい。ただ、価格帯が相当上がってしまいそうだから、手頃な値段でアルファ・ロメオを手に入れるのは今がラストチャンスかもしれない。

(文=鈴木真人/写真=高橋信宏)

【スペック】
全長×全幅×全高=4350×1800×1460mm/ホイールベース=2635mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/エンジン=1.7リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(240ps/5750rpm、30.6kgm/1850rpm ※ダイナミックモード選択時は34.7kgm/2000rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=10.8km/リッター(JC08モード)/価格=425万5200円
 

 

フラットボトムのステアリングホイールがスポーティーさを主張するインテリア。デュアルクラッチ式AT「アルファTCT」は、急発進時のトラクションを最適化する「ローンチコントロール機能」を備えている。
フラットボトムのステアリングホイールがスポーティーさを主張するインテリア。デュアルクラッチ式AT「アルファTCT」は、急発進時のトラクションを最適化する「ローンチコントロール機能」を備えている。
フロントフェンダーに備わる「四つ葉(クアドリフォリオ)のクローバー」は、幸運を呼ぶしるし。
フロントフェンダーに備わる「四つ葉(クアドリフォリオ)のクローバー」は、幸運を呼ぶしるし。
「4C」と同じ1742ccの直列4気筒エンジンは最高出力240ps、最大トルク34.7kgm(ダイナミックモード選択時)を発生する。
「4C」と同じ1742ccの直列4気筒エンジンは最高出力240ps、最大トルク34.7kgm(ダイナミックモード選択時)を発生する。
雪景色の長野・軽井沢で。今回のテスト車は、ピレリの冬用タイヤ「ウインター ソットゼロ3」(225/40R18 92V)を装着していた。
雪景色の長野・軽井沢で。今回のテスト車は、ピレリの冬用タイヤ「ウインター ソットゼロ3」(225/40R18 92V)を装着していた。
「クアドリフォリオ ヴェルデ」のボディーカラーは全6色の設定。インテリアカラーは4種類から選べる。テスト車は、「アルファ レッド」と「ナチュラル」レザーシートの組み合わせ。
「クアドリフォリオ ヴェルデ」のボディーカラーは全6色の設定。インテリアカラーは4種類から選べる。テスト車は、「アルファ レッド」と「ナチュラル」レザーシートの組み合わせ。
 
アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)【レビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。
  • 現行「メガーヌR.S.」のフィナーレを飾る限定車発売 2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、高性能スポーツモデル「ルノー・メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273ファイナルエディション」を発表。同日、200台限定で発売した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る