ポルシェ911ターボ(4WD/7AT)/911ターボS(4WD/7AT)/911カレラ4(4WD/7AT)/911カレラ4S(4WD/7AT)

最新はやはり最善 2016.02.16 試乗記 「ポルシェ911」シリーズの進化は止まらない。「911カレラ」に端を発したエンジンのターボ化は早速「911カレラ4」に及び、そして「911ターボ」もさらなるパワーと効率を手に入れた。最新の911は果たして最善なのか? 南アフリカで試乗した。

超破格値のスーパーカー

フルモデルチェンジを受けてまだ3年もたっていないというのに、早くも新型911ターボが登場した。「タイプ991」に生まれ変わったときには、より長いホイールベースとエアサスペンションを得たことでハンドリングと乗り心地のバランスが格段に向上し、ターボエンジンの扱いやすさも見違えるように改善されたことに驚き、「これ以上、洗練できる余地など残されていないんじゃないの?」と思ったものだが、今回の「タイプ991 II」へのマイナーチェンジでもエンジンやシャシーにきめ細かく改良の手が加わるなど、単なるフェイスリフトとはいいきれないほど大きな進化を遂げている。

例えば最高出力は「911ターボ」が520psから540psへ、「911ターボS」は560psから580psへと、いずれも20psずつパワーアップ。この結果、911ターボの0-100km/h加速は3.0秒、911ターボSは2.9秒と、こちらも0.2秒ずつタイムの短縮が図られた。ちなみに0-100km/h加速で3秒の壁を破るのは至難の業で、最近デビューしたスーパースポーツカーのなかでいえば「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」(2.8秒)、それに「マクラーレン675LT」(2.9秒)くらいしか見当たらない。しかも、価格はどちらも4000万円を大きく超える。それに比べれば、2599万円の911ターボSは「超破格のお買い得スーパーカー」と呼んで間違いないだろう(911ターボの価格は2236万円)。

ただし、見かけ上の安さだけでなく、価格に見合った、いや価格以上のバリューをしっかりと盛り込むところがポルシェの強みであり、魅力でもある。次の項では、新しい911ターボにどんな価値が加わったかを紹介したい。

試乗の舞台は南アフリカ。今回は「911ターボ/ターボS」と「911カレラ4/カレラ4S」を中心に試乗した。
試乗の舞台は南アフリカ。今回は「911ターボ/ターボS」と「911カレラ4/カレラ4S」を中心に試乗した。
新しい「GTスポーツステアリングホイール」(直径360mm)の右スポーク下には走行モードスイッチが用意された(標準装備)。その中央にはエンジンとギアボックスのレスポンスを高める「スポーツレスポンススイッチ」が備わる(スポーツクロノパッケージ選択の場合)。
新しい「GTスポーツステアリングホイール」(直径360mm)の右スポーク下には走行モードスイッチが用意された(標準装備)。その中央にはエンジンとギアボックスのレスポンスを高める「スポーツレスポンススイッチ」が備わる(スポーツクロノパッケージ選択の場合)。
「911ターボ」のフロントシート。深いサイドボルスターを持つ「スポーツシートプラス」を選択すると、シルバーグレー仕上げのバックレストシェルが付く。
「911ターボ」のフロントシート。深いサイドボルスターを持つ「スポーツシートプラス」を選択すると、シルバーグレー仕上げのバックレストシェルが付く。
「911ターボ」のリアビュー。リアコンビランプや、テールパイプまわりのデザインが変更された。
「911ターボ」のリアビュー。リアコンビランプや、テールパイプまわりのデザインが変更された。
関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る