ポルシェ911ターボ(4WD/7AT)/911ターボS(4WD/7AT)/911カレラ4(4WD/7AT)/911カレラ4S(4WD/7AT)

最新はやはり最善 2016.02.16 試乗記 「ポルシェ911」シリーズの進化は止まらない。「911カレラ」に端を発したエンジンのターボ化は早速「911カレラ4」に及び、そして「911ターボ」もさらなるパワーと効率を手に入れた。最新の911は果たして最善なのか? 南アフリカで試乗した。

超破格値のスーパーカー

フルモデルチェンジを受けてまだ3年もたっていないというのに、早くも新型911ターボが登場した。「タイプ991」に生まれ変わったときには、より長いホイールベースとエアサスペンションを得たことでハンドリングと乗り心地のバランスが格段に向上し、ターボエンジンの扱いやすさも見違えるように改善されたことに驚き、「これ以上、洗練できる余地など残されていないんじゃないの?」と思ったものだが、今回の「タイプ991 II」へのマイナーチェンジでもエンジンやシャシーにきめ細かく改良の手が加わるなど、単なるフェイスリフトとはいいきれないほど大きな進化を遂げている。

例えば最高出力は「911ターボ」が520psから540psへ、「911ターボS」は560psから580psへと、いずれも20psずつパワーアップ。この結果、911ターボの0-100km/h加速は3.0秒、911ターボSは2.9秒と、こちらも0.2秒ずつタイムの短縮が図られた。ちなみに0-100km/h加速で3秒の壁を破るのは至難の業で、最近デビューしたスーパースポーツカーのなかでいえば「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」(2.8秒)、それに「マクラーレン675LT」(2.9秒)くらいしか見当たらない。しかも、価格はどちらも4000万円を大きく超える。それに比べれば、2599万円の911ターボSは「超破格のお買い得スーパーカー」と呼んで間違いないだろう(911ターボの価格は2236万円)。

ただし、見かけ上の安さだけでなく、価格に見合った、いや価格以上のバリューをしっかりと盛り込むところがポルシェの強みであり、魅力でもある。次の項では、新しい911ターボにどんな価値が加わったかを紹介したい。

試乗の舞台は南アフリカ。今回は「911ターボ/ターボS」と「911カレラ4/カレラ4S」を中心に試乗した。
試乗の舞台は南アフリカ。今回は「911ターボ/ターボS」と「911カレラ4/カレラ4S」を中心に試乗した。
新しい「GTスポーツステアリングホイール」(直径360mm)の右スポーク下には走行モードスイッチが用意された(標準装備)。その中央にはエンジンとギアボックスのレスポンスを高める「スポーツレスポンススイッチ」が備わる(スポーツクロノパッケージ選択の場合)。
新しい「GTスポーツステアリングホイール」(直径360mm)の右スポーク下には走行モードスイッチが用意された(標準装備)。その中央にはエンジンとギアボックスのレスポンスを高める「スポーツレスポンススイッチ」が備わる(スポーツクロノパッケージ選択の場合)。
「911ターボ」のフロントシート。深いサイドボルスターを持つ「スポーツシートプラス」を選択すると、シルバーグレー仕上げのバックレストシェルが付く。
「911ターボ」のフロントシート。深いサイドボルスターを持つ「スポーツシートプラス」を選択すると、シルバーグレー仕上げのバックレストシェルが付く。
「911ターボ」のリアビュー。リアコンビランプや、テールパイプまわりのデザインが変更された。
「911ターボ」のリアビュー。リアコンビランプや、テールパイプまわりのデザインが変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る