三菱ミラージュG(FF/CVT)

乗れば良心が伝わってくる 2016.02.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。

今日の三菱を支えるグローバルコンパクト

先日、三菱は次期型「ランサー」の開発取りやめを発表した。昨年秋に「ランサーエボリューション」が生産終了となり、次期型はもうないのかな……と思っていたら、基準車そのものがなくなるという話だ。

いわゆるリソースの選択と集中……ということで、現在三菱が注力しているのは中・小型SUVおよび電動パワートレイン車の開発だ。「アウトランダーPHEV」の好評を背景に、今後世界的な伸長が見込め、ブランドイメージを明確化でき、利益を確保しやすいそのカテゴリーで一定のシェアを取る。ランサー封印は、それが必達の経営目標だということを物語っている。

日本市場をみる限り、われわれが昔から見知ったセダンやハッチバックという「普通のクルマ」のカテゴリーにおいて、三菱のプレゼンスは確かに弱い。ランサーのようなC、Dセグメントのセダンは確かに各社苦戦しているが、三菱は売れ筋であるA、Bセグメント系のモデルでも、すなわちこのミラージュでも販売状況は芳しくない。一方で、世界市場に目を向ければミラージュの導入国は93。三菱にとって最大の国際商品であり、タイの工場では年間10万台ペースの生産が続いている。

ブランドエントリーという意味合いからみても、三菱がミラージュを封印することは考えにくい。が、その幅広い商圏において、日本や、日本と同量を売っているというアメリカのような成熟市場において、購入者の満足度を高めるのは重要な課題だ。仮に後々SUV一本足でのプレミアム商法をもくろむにしても、今市場での存在感が希薄化すればその後の立ち上がりにも影響が出てくるだろう。

2012年8月に発売された現行型「三菱ミラージュ」。タイで生産される輸入車となる。
2012年8月に発売された現行型「三菱ミラージュ」。タイで生産される輸入車となる。
上級グレード「G」のインストゥルメントパネルまわり。ピアノブラックとメッキで装飾された、オーディオスイッチ付き本革巻きステアリングホイールが装備される。
上級グレード「G」のインストゥルメントパネルまわり。ピアノブラックとメッキで装飾された、オーディオスイッチ付き本革巻きステアリングホイールが装備される。
今回のマイナーチェンジでは、ブラック塗装と切削光輝加工が施された15インチアルミホイールが新たに採用された。
今回のマイナーチェンジでは、ブラック塗装と切削光輝加工が施された15インチアルミホイールが新たに採用された。
テールゲートに装着された「MIRAGE」のバッジ。
テールゲートに装着された「MIRAGE」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る