第335回:正しい知識が命を救う
ボルボのチャイルドセーフティーセミナーに参加

2016.02.15 エッセイ
「正しいシートベルトの使い方や最適なチャイルドシートの選び方を知ることが大切」と語るボルボ・セーフティーセンター代表のロッタ・ヤコブソン博士。

ボルボ・カー・ジャパンが、スウェーデン・ボルボ本社からセーフティーエンジニアを招き、最新の安全技術とチャイルドセーフティーについてのセミナーを開催した。シートベルトの正しい使い方からチャイルドシートの選び方まで、ボルボが考える安全とは?

ボルボの安全技術は、実際の事故などから得たデータを、解析・検証し、開発されている。
1959年に世界で初めて3点式シートベルトを開発したボルボ。ヤコブソン氏は「シートベルトは肩と腰骨にベルトを回すことによって固定され、その機能が発揮されます。もちろん妊婦さんもお腹の赤ちゃんと自分を守るために、正しい位置でシートベルトを着用することが必要」と語る。

私と息子とチャイルドシート。

「スウェーデンにあるボルボ・セーフティーセンターから専門家が来日し、最新のチャイルドセーフティーについてレクチャーがあるんですけど」

編集担当者はそう言い、こう続けた。

「講師を務めるのはロッタ・ヤコブソンという女性の研究者で、25年間にわたりボルボの安全技術開発に携わってきた人らしいです。日本のクルマ業界では、女性の専門家がこのような場で発表すること自体が珍しいですよね。取材に行ってみませんか?」

行ってみませんか?

もちろん、行きますとも! 私には現在5歳になる息子がいて、チャイルドシートへの不満も5年分たまっているのだから。

そもそも私が初めてチャイルドシートを購入したのは2010年の冬。当時としては国産の最新型、シートベルト固定タイプだった。1歳ぐらいまでは後ろ向きに乗せなくてはならず、運転席から息子の様子が見えないことがとても不安だったのを覚えている。そのうえ、クルマの座席に正しく取り付けるには、かなり難ありの代物で、試乗車などに乗せ替える度に骨が折れた。

と、そこから始まったチャイルドシートとの格闘エピソードが私と私の息子にはある。詳しい事情は省略するが、とにかくこの5年間、チャイルドシートへの不満はたまる一方だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ