第12回:エクスプローラー タイタニアムにちょい乗り
日常劇場番外編~370psの高性能モデルの実力は?

2016.02.12 特集

「エクスプローラー」のラインナップにいよいよ高性能な「タイアニアム」が加わる。このクルマは日本におけるフォード最後のニューモデルになってしまうのだろうか? 都内でちょい乗りしてみた。

フォードのプレミアムがここにある

こうしてエクスプローラーを目の前にすると、全長が5050mmで全幅が2000mmもあるボディーにあらためて圧倒されてしまう。ボディーが大きく、腰から下の死角もそれなりに大きいから、街中では自分が前へ前へと出ていくような運転は、おのずとはばかられる。

ましてや、このタイタニアムはエクスプローラー史上、最も高性能な370psの3.5リッターV6ツインターボエンジンを積んでいるから、その気になればすっ飛んでいける。だからこそ、ゆっくり行くのだ、というノブレス・オブリージュな人がジェントルマンが運転しないと、ちょっとすごいことになるだろう。

とはいえ、デカいとか速いとか、そういう尺度でばかりこのクルマを見ていると、その魅力の大部分を見過ごしてしまうだろう。エクスプローラー タイタニアムの心地よさとは、飛ばしているときより、むしろエンジンをゆるゆると回しながら流しているときにこそ感じられるからだ。

エンジンは十分以上にパワフルだが、同時に低中速域のドライバビリティー(運転のしやすさ)にも優れている。しかもエンジンの遮音がしっかりしているから、室内がとても静か。加えて、足まわりが引き締まった設定でありながら、乗り心地がとてもいい。2280kgという車重がもたらす、しっとりとした重量感のある柔らかさだ。このご時世、この重量感こそが、一番ぜいたくな性能である。

(webCG 竹下)

第11回:フォーカスで谷保天満宮にお参り フォードと日本の自動車史に思いをはせる
第13回:フォーカスに純正ナビを付けた! 自慢のSYNCとの両立が可能

 

「エクスプローラー」史上最も高性能なプレミアムモデルとうたわれる「エクスプローラー タイタニアム」。2016年3月5日に発売の予定。
「エクスプローラー」史上最も高性能なプレミアムモデルとうたわれる「エクスプローラー タイタニアム」。2016年3月5日に発売の予定。
370psと48.3kgmを生み出す3.5リッターV6ツインターボを搭載。20インチのアルミホイールを履く。車両価格は635万円。
370psと48.3kgmを生み出す3.5リッターV6ツインターボを搭載。20インチのアルミホイールを履く。車両価格は635万円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る