第12回:エクスプローラー タイタニアムにちょい乗り
日常劇場番外編~370psの高性能モデルの実力は?

2016.02.12 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

「エクスプローラー」のラインナップにいよいよ高性能な「タイアニアム」が加わる。このクルマは日本におけるフォード最後のニューモデルになってしまうのだろうか? 都内でちょい乗りしてみた。

フォードのプレミアムがここにある

こうしてエクスプローラーを目の前にすると、全長が5050mmで全幅が2000mmもあるボディーにあらためて圧倒されてしまう。ボディーが大きく、腰から下の死角もそれなりに大きいから、街中では自分が前へ前へと出ていくような運転は、おのずとはばかられる。

ましてや、このタイタニアムはエクスプローラー史上、最も高性能な370psの3.5リッターV6ツインターボエンジンを積んでいるから、その気になればすっ飛んでいける。だからこそ、ゆっくり行くのだ、というノブレス・オブリージュな人がジェントルマンが運転しないと、ちょっとすごいことになるだろう。

とはいえ、デカいとか速いとか、そういう尺度でばかりこのクルマを見ていると、その魅力の大部分を見過ごしてしまうだろう。エクスプローラー タイタニアムの心地よさとは、飛ばしているときより、むしろエンジンをゆるゆると回しながら流しているときにこそ感じられるからだ。

エンジンは十分以上にパワフルだが、同時に低中速域のドライバビリティー(運転のしやすさ)にも優れている。しかもエンジンの遮音がしっかりしているから、室内がとても静か。加えて、足まわりが引き締まった設定でありながら、乗り心地がとてもいい。2280kgという車重がもたらす、しっとりとした重量感のある柔らかさだ。このご時世、この重量感こそが、一番ぜいたくな性能である。

(webCG 竹下)

第11回:フォーカスで谷保天満宮にお参り フォードと日本の自動車史に思いをはせる
第13回:フォーカスに純正ナビを付けた! 自慢のSYNCとの両立が可能

 

「エクスプローラー」史上最も高性能なプレミアムモデルとうたわれる「エクスプローラー タイタニアム」。2016年3月5日に発売の予定。
「エクスプローラー」史上最も高性能なプレミアムモデルとうたわれる「エクスプローラー タイタニアム」。2016年3月5日に発売の予定。
370psと48.3kgmを生み出す3.5リッターV6ツインターボを搭載。20インチのアルミホイールを履く。車両価格は635万円。
370psと48.3kgmを生み出す3.5リッターV6ツインターボを搭載。20インチのアルミホイールを履く。車両価格は635万円。
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る