ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)

郷愁にひたっている場合じゃない 2016.02.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンにかえて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーを搭載した新ユニットの実力やいかに?

「T6」のエンジンが2リッター直4に

2016年2月1日に、2機種のエンジンが新たに登場して、ボルボ「60」系のラインナップが拡充された。
その新ラインナップとは、ひとつがエントリーモデルとして追加となった1.5リッターの「T3」、もうひとつが新世代の2リッター4気筒に切り替えられたトップモデルの「T6」である。ちなみに、新たな売れ筋となっているディーゼル「D4」との差別化が難しかったガソリンの「T4」が、今回日本のカタログから姿を消している。

というわけで、ボルボ60系の新ラインナップは安いほうから、「T3」「D4」「T5」「T6」となる。いまさら説明も不要だろうが、すべて4気筒過給エンジンで、“T”がつくのがガソリン、“D”がディーゼルである。そして、T3以外はすべて2リッター4気筒だ。

今回の主役は、昨年まで販売されていた3リッター直列6気筒ターボにかわって登場した新T6である。その最高出力は6気筒時代より2ps高い306ps。排気量が1リッターも小さいとなれば、最大トルクはさすがにアップとはいかず約1割のダウンとなる。それでも40kgmオーバーだから、2リッターとしては素晴らしい性能というべきだろう。
新世代「Drive-E」にマッチングされた8ATが搭載されるのも、T6としては初(従来のT6は6AT)で、その8ATと4WDの組み合わせも今回が初登場である。

リアに装着された「T6 AWD」のバッジ。かつてのボルボでは、アルファベットの後ろの数字はエンジンの気筒数を示したものだったが、現在では最高出力に応じた区分となっており、「T6」は250psより上のエンジンであることを示す。
リアに装着された「T6 AWD」のバッジ。かつてのボルボでは、アルファベットの後ろの数字はエンジンの気筒数を示したものだったが、現在では最高出力に応じた区分となっており、「T6」は250psより上のエンジンであることを示す。
「S60 T6 AWD R-DESIGN」のインテリア。他のグレードではオプション扱いの「プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア(650W、harman/kardon 12スピーカー)」が標準装備される。
「S60 T6 AWD R-DESIGN」のインテリア。他のグレードではオプション扱いの「プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア(650W、harman/kardon 12スピーカー)」が標準装備される。
「R-DESIGN」シリーズのボディーカラーには、テスト車に用いられていた「アイスホワイト」を含め、全8色が用意されている。
「R-DESIGN」シリーズのボディーカラーには、テスト車に用いられていた「アイスホワイト」を含め、全8色が用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る