キャデラックCT6 3.6L プラチナム(4WD/8AT)

ドイツ御三家をしのぐ出来 2016.02.19 試乗記 今後日本にも導入される、キャデラックの新たなフラッグシップサルーン「CT6」に試乗。新開発のV6エンジンと、ライバルを大幅にしのぐという軽量ボディーがもたらす走りを、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスから報告する。

新世代キャデラックの“最初の成果”

アメリカの自動車会社がホンキを出したら、すごいことになるんじゃないか。筆者は常々、そう思っていた。お膝元の北米市場と、趣味嗜好が割とよく似た中国市場という、ふたつのおいしい巨大市場が、日本人好み・欧州人好みのクルマ造りを妨げているだけで、その気になればホントはすごいんじゃないのか、と。空や宇宙にまで手を伸ばせる技術を持つ人たちが、せいぜい飛行機の離陸速度しか出ない地上の乗り物を、思い通りに作れないはずもない。

もっとも、ホンキの目指すものが日本のマーケットに向いているとは限らない。それは、2016年を最後に日本市場から撤退することになった、フォードの事例がよく物語っている。一方で、ジープのように、ありのままでもそれなりに受け入れられているブランドがあるのもまた、事実だ。

そこで、今後日本で評価を高めていくブランドとして、キャデラックを挙げておきたい。
高級車ブランドとしての歴史があり、名前もしっかり通っており、そして何より、近年のクルマ造りが革命的に変わった。日本人が今、高級車のスタンダードとして認める“ジャーマンプレミアム”勢と、少なくとも本質的なクルマ造りという点で互角の、いや、場合によってはそれ以上の、“成果”を上げつつあると言っていい。

今回試乗した新型ビッグサルーンのCT6は、その大きな、最初の果実である。

キャデラックの「CT6」は、従来モデル「XTS」の後継モデルとなるフラッグシップサルーン。2015年4月のニューヨーク国際オートショーで初公開された。
キャデラックの「CT6」は、従来モデル「XTS」の後継モデルとなるフラッグシップサルーン。2015年4月のニューヨーク国際オートショーで初公開された。
「キャデラックCT6」の前席。「プラチナム」と名付けられた上級仕様のものは、上質な本革仕立てとなっている。
「キャデラックCT6」の前席。「プラチナム」と名付けられた上級仕様のものは、上質な本革仕立てとなっている。
インテリアの様子。センターコンソールには10.2インチのタッチパネルモニターがレイアウトされる。アップル社のスマートフォン「iPhone」が持つ機能を車両側で使えるようになる「CarPlay」にも対応する。
インテリアの様子。センターコンソールには10.2インチのタッチパネルモニターがレイアウトされる。アップル社のスマートフォン「iPhone」が持つ機能を車両側で使えるようになる「CarPlay」にも対応する。
今回テストしたのは、3.6リッターの上級モデル「3.6L プラチナム」。日本市場には、この仕様が導入される見込み。
今回テストしたのは、3.6リッターの上級モデル「3.6L プラチナム」。日本市場には、この仕様が導入される見込み。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る