アウディA4 2.0 TFSI(FF/7AT)

止まらぬ進化 2016.02.19 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジを受けたアウディの主力モデル「A4」に試乗。外見上はキープコンセプトながらも、新機軸を満載した新型の実力やいかに? 前輪駆動のベーシックグレード「A4 2.0 TFSI」のステアリングを握った。

エース登場

アウディの主力モデルが8年ぶりにフルモデルチェンジ! それだけに見どころ満載の新型A4なのだが、エクステリアを遠目に見るかぎりは冒険を避け、手堅くまとまっている印象だ。おかげで、すんなりと新型を受け入れられる反面、よほどアウディに詳しくないとフルモデルチェンジしたことに気づかないかもしれない。

でも、近寄ってよく見ると、先代よりも格段に精悍(せいかん)ですっきりとしたエクステリアに、アウディのエースとしての風格が感じ取れる。なかでも、新しいフロントマスクがいい。アウディの象徴であるシングルフレームグリルに切れ長のヘッドライトという組み合わせはいつもどおりだが、どちらもよりシャープなデザインになり、さらにシングルフレームグリルがワイドさを増したことで、落ち着いた佇(たたず)まいに仕上がっている。

全幅は15mm広がって1840mmになったが、ボンネットをサイドまで回り込む“クラムシェル”タイプとしたことで、サイズ以上にワイド感が強調された印象だ。“マトリクスLEDヘッドライト”が装着された試乗車では、ウインカーが流れるように点滅する“ダイナミックターンインジケーター”仕様になり、昼夜を問わず一発でアウディとわかるのも、オーナーとしては誇らしいところだろう。

それ以上にアウディらしさを意識するのがインテリア。先代とはまるで違う空間が待っていたのだ。

今回の試乗車「A4 2.0 TFSI」(FF)はラインナップ上、最もベーシックな位置付け。しかし予防安全システムやインフォテインメントシステムを含め、装備は充実している。車両価格は518万円。
今回の試乗車「A4 2.0 TFSI」(FF)はラインナップ上、最もベーシックな位置付け。しかし予防安全システムやインフォテインメントシステムを含め、装備は充実している。車両価格は518万円。
ヘッドライトはバイキセノンが標準。オプションでLEDや、ルームミラー背後のカメラが前方を観察し、LEDの光量を自動で調整するマトリクスLEDヘッドライト(写真)も選択可能。
ヘッドライトはバイキセノンが標準。オプションでLEDや、ルームミラー背後のカメラが前方を観察し、LEDの光量を自動で調整するマトリクスLEDヘッドライト(写真)も選択可能。
ボンネットは左右がボディーサイドまで回り込む“クラムシェル”タイプに。
ボンネットは左右がボディーサイドまで回り込む“クラムシェル”タイプに。
ボディーサイズは全長4735×全幅1840×全高1430mm。全長と全幅は15mm拡大され、全高は10mm低められた。
ボディーサイズは全長4735×全幅1840×全高1430mm。全長と全幅は15mm拡大され、全高は10mm低められた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る