第24回:ラーメンやめてカレーを食うべし!!
チーム日本の大バトル! デリーオートエキスポ2016に突撃(前編)

2016.02.20 エッセイ
「デリーオートエキスポ2016」の取材に望む、不躾小沢コージ。
「デリーオートエキスポ2016」の取材に望む、不躾小沢コージ。

不躾(ぶしつけ)小沢がインドの自動車ショー「デリーオートエキスポ2016」を突撃リポート。熾烈(しれつ)を極める国民車バトルで勝ち残るには何が必要なのか? “未来の自動車超大国”として熱い視線が注がれるインドの今と、そこで戦う日本メーカーの姿を紹介する。

会場が位置するグレータノイダの街を飾る「デリーオートエキスポ2016」の看板。
会場が位置するグレータノイダの街を飾る「デリーオートエキスポ2016」の看板。
スズキはライバルに先駆けて1980年代にインドの自動車市場に参入している。写真は2007年に行われた新工場開所式の様子。
スズキはライバルに先駆けて1980年代にインドの自動車市場に参入している。写真は2007年に行われた新工場開所式の様子。

カレーの国でしのぎを削る日本メーカー

またまたビックリですよ不躾小沢コージ。これからは愛食する夜中のラーメンをやめ、もっとカレーを食べまくろう!? とすら思ったくらい(笑)。そう、先日突撃したインドの自動車ショー「デリーオートエキスポ2016」の話だ。

というのも、みなさん知っているだろうか? インドにおける“チーム日本”の大バトルを。インドといえば1982年にいち早く参入したわれらが庶民派メーカー、スズキの現地合弁会社であるマルチ・スズキ・インディア(以下マルチ・スズキ)が有名だ。なにしろ、「アルト」をはじめとする軽自動車で培った、小さくて質の高いクルマづくりの技術を武器に、80~90年代はシェア50%超えの半寡占状態をキープ。ところが今や、「その先駆者利益を吹き飛ばせ!」というほどの、日本勢をメインプレーヤーとするグローバルな“仁義なき戦い”が繰り広げられているのだ。

いわばそれは、“いかに現地人の気持ちになっていいクルマを作れるか”バトル。しかも既に1ラウンド目は結果が出ている。ざっくり言うと、スズキの復活とヒュンダイ&ホンダの躍進。トヨタはプレミアム路線へと舵(かじ)を切り、日産は“小休止”の状態となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』