第25回:ラーメンやめてカレーを食うべし!!
チーム日本の大バトル! デリーオートエキスポ2016に突撃(後編)

2016.02.20 エッセイ
スズキの新型車「ビターラ ブレッツァ」と筆者(中央)。
スズキの新型車「ビターラ ブレッツァ」と筆者(中央)。

やっぱりデリーは熱かった!? インドで開催された自動車ショー「デリーオートエキスポ2016」の会場から、各自動車メーカーの戦略をリポート。そもそも、なぜ今インドがここまで注目を集めているのか? その市場のポテンシャルと、数字には表れない大きな魅力を紹介する。

ヒュンダイが出展したSUVタイプのグローバルモデル「ツーソン」。
ヒュンダイが出展したSUVタイプのグローバルモデル「ツーソン」。
コンパクトSUVのコンセプトモデル「HND-14カルリーノ」。
コンパクトSUVのコンセプトモデル「HND-14カルリーノ」。
優遇税制が適用される4m以下のクラスにフォルクスワーゲンが投入した新型セダン「アメオ」。
優遇税制が適用される4m以下のクラスにフォルクスワーゲンが投入した新型セダン「アメオ」。
「アメオ」はフォルクスワーゲンにとって初のインド専用モデルとなる。
「アメオ」はフォルクスワーゲンにとって初のインド専用モデルとなる。

いよいよ本気になったドイツの巨人

前編からの続き)
続いて「デリーオートエキスポ2016」に見る欧米およびアジア勢の動向だけど、目立ったのは現在乗用車販売で第2位のヒュンダイ。まずはインド専用車ではなくグローバルSUVの新型「ツーソン」を発表した。日本じゃなじみはないが、本国では燃料電池バージョンも出ているほどの人気モデルで、この世代で3代目となる。見た目のクオリティーはもちろん、インテリアも立派。ガソリンエンジンに加えてディーゼルも選ぶことができる。インドでは高価格帯に属し、大量に売れるクラスじゃないだろうが、見事にヒュンダイのブランドイメージを上げてくれるかもしれない。

それと昔の「日産キューブ」や「トヨタbB」をSUV化したようなコンセプトカーが「HND-14カルリーノ」。ベースは「i20」で、どうやらインドの新しい激戦区である全長4m以下のSUVカテゴリーにぶつけてくるもよう。スズキの「ビターラ プレッツァ」や「フォード・エコスポーツ」の強敵であり、人によって好みが分かれる個性派なので要注目だ。

それから小沢的にかな〜り気になったのがフォルクスワーゲン(以下VW)の「アメオ」。ヨーロッパの巨人、VWもついに感情むき出しで一番の激戦区となっている全長4m以下のセダン市場に商品をぶつけてきた! って感じ。エンジンはガソリンが1.2リッター直3、ディーゼルが1.5リッター直4ターボと、まさしくこのクラスのライバルとガチンコ勝負なのがいい。

なにより面白いのは質感の高さ。見た目品質、インテリア品質共に高く、ショーで見た限りぶっちゃけライバル車をしのぐ。精度の高さはピカイチだ。装備も充実していて、セグメントで初めてクルーズコントロールが設定されたり、全車デュアルエアバッグやABSが標準装備されたりしている。価格はマルチ・スズキや地元インドのタタより高めになるだろうが、果たしてインドでVW流の質感勝負がどこまで通じるかはマジで見もの。価格設定も難しいでしょうねぇ。

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』