第437回:「PARIS MANGA」で再認識! 「デロリアン」の威力

2016.02.19 エッセイ

PARIS MANGAは今年も盛況

日本のポップカルチャーの祭典「PARIS MANGA & SCI-FI SHOW」(以下、PARIS MANGA)が、2016年2月6日と7日の2日間、フランス・パリで開催された。今回のPARIS MANGAは、21回目。年2回の開催で、関係者によると近年は8万1000人の入場者を記録した回もあるという。

参考までに、同じメッセ会場で開催されるパリモーターショー(通称:パリサロン)の2014年入場者数は16日間で約125万人だった。1日あたりでは約7万8000人で、PARIS MANGAの1日約4万人を大きく上回る。しかし、自動車ショーが6棟ものパビリオンを使用するのに対し、PARIS MANGAは1パビリオンでそれだけの数を動員してしまうのだから恐れ入る。

このイベントについては、このエッセイの第231回でもお伝えしたのだが、気がつけばボク自身、今回で5回目の訪問だ。

同じくパリで開催される「ジャパンエキスポ」(第304回参照)が、日系航空会社や日本の行政関係機関なども出展していて、どこかオフィシャルな香りがするのに対して、PARIS MANGAの雰囲気は、明らかに異なる。日本以外のアジア系グッズも少なくない。実際に、今回はKポップのカラオケ大会も人気を集めていた。

しかし、ボクはこれでいいと思っている。プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」の主人公たちがボヘミアンであったように、パリという街は異国のカルチャーがミックスされることにより、昔から独特の味わいが醸し出されてきたのだ。そのスリリングともいえる感覚こそが、PARIS MANGAの魅力のひとつだと、ボクは考えている。

パリ市内の地下鉄駅に貼られた「PARIS MANGA」のポスター。千葉真一氏をはじめ、ゲストのポートレートも。
朝、開場のときを待つ青少年たち。
ゲームソフト『NARUTO―ナルト―疾風伝 ナルティメットストーム4』のプロモーションコーナー。
エントランス付近でひときわ注目を集めていた、コスプレ2人組。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。