金箔で飾られたミツオカ・ビュートの限定車発売

2016.02.18 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ゴールドプレミアム」
「ミツオカ・ビュート ゴールドプレミアム」

金箔で飾られた「ミツオカ・ビュート」の限定車発売

光岡自動車は2016年2月18日、コンパクトセダン「ビュート」の特別仕様車「ビュート ゴールドプレミアム」を発表した。15台限定で、同年2月19日に販売を開始する。

 
金箔で飾られたミツオカ・ビュートの限定車発売の画像
 
金箔で飾られたミツオカ・ビュートの限定車発売の画像
 
金箔で飾られたミツオカ・ビュートの限定車発売の画像
 
金箔で飾られたミツオカ・ビュートの限定車発売の画像

今回のビュート ゴールドプレミアムは、ビュートの「12STプレミアム」(FF/CVT)をベースに、内外装をドレスアップした特別限定車。

インテリアのドレスアップには、「金沢箔(はく)」と呼ばれる金含有率95.8%の金箔(きんぱく)が、一台あたり0.5g用いられる。金箔で加飾されるのは、グリルバッジと、インテリアのウッドタイプインパネおよびリアシート後方のウッドパーセルボード。桜の花びらが風に舞う様子を金箔で表現したという。

ボディーカラーには「ゴールドパール」を採用。見る角度によって、黄みがかった色から青みがかった色へと表情を変える。

インテリアカラーは、アイボリーホワイトが基調で、ドアノブやシート座面部分には触り心地のよいスエード調表皮が与えられている。また、インストゥルメントパネルには、金色のデコレーションストライプと「gold premium」のロゴが配される。

ビュート ゴールドプレミアムの特別装備は以下の通り。

・専用ボディーカラー(ゴールドパール)
・専用ウッドタイプインパネ(2DINワイドタイプ、「金箔吹雪」仕様)
・専用グリルバッジ(「金箔吹雪」仕様)
・専用リアウッドタイプパーセルボード(「金箔吹雪」仕様)
・専用フロントフェンダーエンブレム
・専用リアエンドエンブレム
・専用クラシックドアトリム
・専用刺しゅう入りレザーシート
・専用クラシックセンターコンソール
・トランクダンパー
・リアカーテン

価格は、ベースモデルより79万3800円高い329万9400円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • イタリアがモチーフの特別な「スマート・フォーツーカブリオ」登場 2017.2.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月7日、「スマート・フォーツーカブリオ」の特別仕様車「スマート・カブリオ マキアート」「スマート・カブリオ エスプレッソ」を発表。同年3月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る