V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】

2016.02.18 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーV8 S」
「ベントレー・フライングスパーV8 S」

【ジュネーブショー2016】V8の「ベントレー・フライングスパー」にハイパワー版が登場

英ベントレーは2016年2月17日(現地時間)、「フライングスパーV8 S」をモデルラインナップに加えると発表した。同車は、第86回ジュネーブモーターショー(プレスデー:2016年3月1日~2日/一般公開日:3月3日~13日)で世界初公開される予定。

 
V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】の画像
 
V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】の画像
 
V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】の画像

フライングスパーV8 Sは、507psのV8エンジンを搭載する「フライングスパーV8」と、625psを発生するW12エンジンを積む「フライングスパーW12」の中間に位置づけられる、ハイパフォーマンスモデル。

4リッターV8ツインターボは、フライングスパーV8が搭載するエンジンに専用チューニングを施したもので、21psアップの最高出力528psと、2.0kgmアップの最大トルク69.3kgmを発生。
0-100km/hの加速タイムは、フライングスパーV8よりも0.3秒速い4.9秒を実現した。最高速度は306km/h。

パフォーマンスの向上に伴い、サスペンションセッティングはフライングスパーV8 S専用のものに。ESC(エレクトリックスタビリティーコントロール)も、スリップの許容範囲を広げるなど最適化されている。

ボディーカラーと同色のフロントグリルインサートや、ペイント仕上げの20インチオープンスポークホイールも“S”ならではの特徴だ。

価格は現段階では未定。日本市場でのデリバリー開始時期は、2016年秋ごろになる見込み。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フライングスパーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 特集 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
ホームへ戻る