V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】

2016.02.18 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーV8 S」
「ベントレー・フライングスパーV8 S」

【ジュネーブショー2016】V8の「ベントレー・フライングスパー」にハイパワー版が登場

英ベントレーは2016年2月17日(現地時間)、「フライングスパーV8 S」をモデルラインナップに加えると発表した。同車は、第86回ジュネーブモーターショー(プレスデー:2016年3月1日~2日/一般公開日:3月3日~13日)で世界初公開される予定。

 
V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】の画像
 
V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】の画像
 
V8のベントレー・フライングスパーに高出力版【ジュネーブショー2016】の画像

フライングスパーV8 Sは、507psのV8エンジンを搭載する「フライングスパーV8」と、625psを発生するW12エンジンを積む「フライングスパーW12」の中間に位置づけられる、ハイパフォーマンスモデル。

4リッターV8ツインターボは、フライングスパーV8が搭載するエンジンに専用チューニングを施したもので、21psアップの最高出力528psと、2.0kgmアップの最大トルク69.3kgmを発生。
0-100km/hの加速タイムは、フライングスパーV8よりも0.3秒速い4.9秒を実現した。最高速度は306km/h。

パフォーマンスの向上に伴い、サスペンションセッティングはフライングスパーV8 S専用のものに。ESC(エレクトリックスタビリティーコントロール)も、スリップの許容範囲を広げるなど最適化されている。

ボディーカラーと同色のフロントグリルインサートや、ペイント仕上げの20インチオープンスポークホイールも“S”ならではの特徴だ。

価格は現段階では未定。日本市場でのデリバリー開始時期は、2016年秋ごろになる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
フライングスパーベントレージュネーブモーターショー2016自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ロールス・ロイス、8代目となる新型「ファントム」を日本に導入 2018.1.22 自動車ニュース ロールス・ロイスが8代目「ファントム」の日本導入を開始した。今回の新型にはロールス・ロイス専用に開発された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が採用されており、快適な乗り心地と高い静粛性が徹底的に追求されている。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
ホームへ戻る