ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示

2011.11.14 輸入車

ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける東京モーターショーに、日本初公開の車両を3台出展する。

一番の注目は、2011年9月のフランクフルトショーで発表された「エリーゼS」。従来の上級グレード「エリーゼSC」に代わるモデルで、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する新しい1.8リッター直4スーパーチャージャーエンジンを搭載する。

そのほか、350psの3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載する「エヴォーラS」のオートマチック仕様「エヴォーラS IPS」や、ステアリングコラムのパドルでシフト操作ができるSPS(シリアル・プレシジョン・シフト)仕様の「エリーゼ クラブレーサー SPS」が展示される。

3台とも、日本への導入は2012年春予定とのこと。

(webCG ワタナベ)

「エヴォーラS IPS」
「エヴォーラS IPS」
「エリーゼS」
「エリーゼS」
「エリーゼ クラブレーサー SPS」
「エリーゼ クラブレーサー SPS」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

新着記事