マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(4WD/6AT)/デミオXDツーリング Lパッケージ(4WD/6AT)

ちょうどいいコンパクト 2016.02.19 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載する、「CX-3」と「デミオ」の4WD車に試乗。2台を並べてチェックしてみると、共通した走りの特徴や、それぞれの違いが見えてきた。

説得力のあるディーゼル+4WD

「マツダ・ロードスター」の鹿児島試乗会では、まさかの雪にたたられたのだった。オープンカーにはまったく似合わない状況でおっかなびっくりの試乗になってしまったが、たとえ凍結路に行き当たってもなんとか基地に帰りつけるとは思っていた。同時に「CX-3」も借りていたからである。マツダ自慢の新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」搭載モデルだから、いざという時には頼りになるはずだ。

雪は解けかけていたので、路面状況やドライバーの意思を読み取って前後トルクを100対0から50対50まで連続的に制御するという実力を発揮する場面はなかった。ちょっと残念な気もしたが、公道でむちゃをして何かあったら困る。安心感を与えてもらっただけで十分に価値があるのだ。

4WDシステムを別にすれば、CX-3はいい意味で普通のクルマである。コンパクトで取り回しがいいし、1.5リッターディーゼルエンジンと6段ATの組み合わせで軽快に走る。「CX-5」が登場した時は2.2リッターターボディーゼルのトルクに驚きながら笑ってしまったが、1.5リッター版は出しゃばらない。過剰感が削(そ)ぎ落とされて、端正で実用的なエンジンになった。ボディーサイズもエンジンも、派手さがなくてちょうどいい。

2.2では2ステージターボが採用されていたのに対し、1.5では可変ジオメトリーターボ1基で低回転域から高回転域までカバーしている。排気可変バルブリフト機構も省かれているが、安定した燃焼で余裕のあるトルクと低燃費、クリーンな排ガスを実現している。スポーティーな2.2、実直な1.5という性格の異なるディーゼルエンジンをそろえているのがマツダの強みだ。

試乗したのは最上級グレードの「XDツーリング Lパッケージ」で、スマートブレーキサポートやブラインドスポットモニタリングなどの先進安全機構が標準で付いている。このクラスでも必須の装備となりつつあるようだ。ちょっと気になったのは車線逸脱警報システムの発動が遅れ気味だったことだが、これは路面状況が悪くて白線が読み取りにくかっただけかもしれない。

「デミオ」の4WDモデルにも試乗した。最近のマツダ車は顔が似通っているので正面から見るとうっかりCX-3と見間違えそうになるが、並べてみると一回り小さい。全幅で70mmの差は、都市部のユーザーにとっては大きなアドバンテージとなるだろう。アイポイントは結構高く、CX-3から乗り換えても引けをとらない視界が得られた。

こちらも1.5リッターディーゼルエンジンを搭載していたが、CX-3とは微妙にチューニングが異なる。105psという最高出力は同一でも、最大トルクは270Nm(27.5kgm)のCX-3より20Nm低い250Nm(25.5kgm)だ。車両重量が100kgほど軽いので、動力性能としては同等だろう。ロードスターと並んで走っていても、瞬間的な加速では上回っているように感じた。CX-3もデミオも外にいるとディーゼルらしい音が聞こえるが、車内の静粛性は高い。

デミオはガソリンエンジンも選ぶことができるが、ディーゼル+4WDという組み合わせには説得力がある。もちろんディーゼルモデルは安くはないが、デミオは同じグレードのCX-3よりも80万円以上も低価格だ。これって、相当お買い得なのではないだろうか。

(文=鈴木真人/写真=田村 弥)

【スペック】
マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ

全長×全幅×全高=4275×1765×1550mm/ホイールベース=2570mm/車重=1330kg/駆動方式=4WD/エンジン=1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ(105ps/4000rpm、27.5kgm/1600-2500rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=21.0km/リッター/価格=302万4000円

マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ
全長×全幅×全高=4060×1695×1525mm/ホイールベース=2570mm/車重=1220kg/駆動方式=4WD/エンジン=1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ(105ps/4000rpm、25.5kgm/1500-2500rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=22.8km/リッター/価格=221万4000円
 

鹿児島で開催された、試乗会でのひとこま。雪化粧した桜島と、虹をバックにたたずむ「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」。
「CX-3 XDツーリング Lパッケージ」のインテリア。ダッシュボードの中央には、7インチのディスプレイがレイアウトされる。
スタイリッシュなシルエットは「CX-3」のセリングポイントのひとつ。SUVでありながら、全高は多くの立体駐車場に入庫可能な1550mmに抑えられている。
「CX-3」の1.5リッター直4直噴ディーゼルターボエンジン。1600rpmの低回転域から27.5kgmの最大トルクを発生する。なお、CX-3はディーゼル専用車である。
4代目「デミオ」には、ガソリン車とディーゼル車がラインナップされている。豊かなトルクを生かしたピックアップと低燃費がセリングポイント。
「デミオ」の上級グレード「XDツーリング Lパッケージ」には、オフホワイトのレザーにブラックのファブリック、赤のアクセントが組み合わされたシートが与えられる。
「デミオXDツーリング Lパッケージ」
(※写真をクリックすると、「CX-3 XDツーリング Lパッケージ」と「デミオXDツーリング Lパッケージ」の、さらに多くの写真が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る