レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】

2016.02.19 自動車ニュース
「レクサスLC500h」
「レクサスLC500h」

【ジュネーブショー2016】ハイブリッドクーペ「レクサスLC500h」の概要が明らかに

トヨタ自動車は2016年2月18日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500h」の概要を発表した。

 
レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】の画像
 
レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】の画像
 
レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】の画像
 
レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】の画像
 
レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】の画像

■見どころは“マルチステージハイブリッドシステム”

レクサスLC500hは、2016年1月の北米国際自動車ショー(通称デトロイトモーターショー)で初公開された「レクサスLC」の、ハイブリッドバージョン。同年3月に開催される第86回ジュネーブモーターショーへの出展が予定されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4760×1920×1345mmで、ホイールベースは2870mm(数値は全て欧州仕様車のもの。以下同じ)。フロントのサスペンションタワーやフロントフェンダー、ドアパネルにアルミニウムを、ルーフおよびドアパネル内側、バックドアにはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用することで、低重心化とヨー慣性モーメントの低減が図られている。

「マルチステージハイブリッドシステム」と名付けられた動力機構は、3.5リッターV6ガソリンエンジン(最高出力299ps/6600rpm、最大トルク35.5kgm/4900rpm)に2つの電動モーターと有段ギアの自動変速機構を組み合わせたもの。システム全体で、最高出力359psを発生する。エンジンとモーター、両方の出力を制御しつつ、低速域から高速域までシステム効率の高い動作点を選択、EV走行の領域も拡大することで、エモーショナルな走りと低燃費かつ快適なクルージングを両立させるという。
ハイブリッドシステムにマニュアル感覚のドライブを可能とする「Mモード」が備わるのも、特徴のひとつだ。

そのほか、艶やかな曲面とシャープなラインで構成されるロー&ワイドなエクステリアや、クラフトマンシップにこだわったインテリア、ボディー骨格も考慮した上で開発したオーディオシステム、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」などもセリングポイントとなっている。

LC500hの日本市場における発売時期は、ガソリンエンジン車の「LC500」と同様に、2017年春ごろとなる見込み。

(webCG)

関連記事
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
ホームへ戻る