第117回:大自然に挑む求道者はナナマルに乗る
『X-ミッション』

2016.02.19 読んでますカー、観てますカー

『ハートブルー』のリメイク

『X-ミッション』と聞いても何のことやらわからないかもしれないが、ジョニー・ユタという名には聞き覚えがあるだろう。1991年の大ヒット作『ハートブルー』の主人公である。若きキアヌ・リーブスの初々しい棒演技が懐かしい。およそ四半世紀ぶりのリメイクである。邦題は似ても似つかないが、原題はどちらも『Point Break』なのだ。

『ハートブルー』はサーフィン映画の傑作として知られている。ロサンゼルスで頻発していた銀行強盗を追って、FBI捜査官のユタがサーファーグループに潜入する。犯罪を摘発しなければならない立場ながら彼らのライフスタイルに共感し、板挟みになって苦しむ姿を描いた。サーファーたちから高い評価を受けたのは、ビッグウエーブに挑む映像のリアリティーだ。わざわざリメイクするからには、それを上回る新鮮さを提供する必要がある。

当時よりも撮影技術は格段に進んでいる。確実に迫力を増す手段として、3Dの手法が取り入れられた。『ザ・ウォーク』でワールドトレードセンターのツインタワーをワイヤでつないで綱渡りするシーンでは、高所恐怖症の観客が吐き気をもよおしたといわれる。巨大な波を相手にするサーフィンも3D映像に適した素材なのは間違いない。

作品に登場するのはサーフィンだけではない。『ハートブルー』でもスカイダイビングが使われていたが、『X-ミッション』ではさらにモトクロス、スノーボード、ウイングスーツフライング、フリークライミングなどが加わる。要するにエクストリームスポーツ(Xスポーツ)全般だ。邦題のXはそこからとられているのだろう。

(c) 2015 Warner Bros. Ent.(c) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
(c) 2015 Warner Bros. Ent.(c) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved. 拡大
 
第117回:大自然に挑む求道者はナナマルに乗る『X-ミッション』の画像 拡大
 
第117回:大自然に挑む求道者はナナマルに乗る『X-ミッション』の画像 拡大
 
第117回:大自然に挑む求道者はナナマルに乗る『X-ミッション』の画像 拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る