アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)

真のエロス 2016.02.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。

期待の“享楽的な4C”

アルファの4Cについては、「すばらしいライトウェイトスポーツカーである」という評価が定着しているが、私はアルファファンとして、2点不満を抱いている。それは、
「デザインが男性的である」
「コンセプトがストイックすぎる」
というものだ。

デザインが男性的というのは、具体的にはパネル面が筋肉質に見えること。柔らかな脂肪の層がなく、腱(けん)や血管が浮き出ているように見える。例えばフロントフードのV字型のエッジの浮き上がりかたは、明らかに男性の肉体を思わせる。
ヘッドライトの昆虫の複眼のような造形も、女性的とは言い難い。アルファといえば美しい女性を連想する私としては、「なんか違う」のである。

コンセプトがストイックすぎるというのは、つまり「これじゃロータスじゃないか」ということだ。スペック的にも「ロータス・エリーゼ」のハイパワーバージョンに近く、乗り味もまさに「イタリアのロータス」である。ピュアスポーツを愛するものにとっては正しい方向性だが、個人的には、アルファはもっとイーカゲンで享楽的なスポーツカーであってほしいという思いがある。例えれば、かつての「アルファGTV」や「アルファスパイダー」(2代目)的な。

そして登場した4Cスパイダー。スパイダーというだけである程度「イーカゲンで享楽的」ではある。ヘッドライトも昆虫ではなく単眼でフレンドリー。して、実際のところはどうか。

スポーツカー「アルファ・ロメオ4C」のオープンバージョン「4Cスパイダー」。日本国内では、2015年11月に発売された。
スポーツカー「アルファ・ロメオ4C」のオープンバージョン「4Cスパイダー」。日本国内では、2015年11月に発売された。
「4Cスパイダー」のフロントまわり。複数のLEDからなる特徴的なヘッドランプを持つ「4C」に対して、「4Cスパイダー」には、よりオーソドックスな形状のバイキセノンヘッドランプが与えられる。
「4Cスパイダー」のフロントまわり。複数のLEDからなる特徴的なヘッドランプを持つ「4C」に対して、「4Cスパイダー」には、よりオーソドックスな形状のバイキセノンヘッドランプが与えられる。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルは左右非対称なデザインで、センターコンソールはドライバー側に傾けられている。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルは左右非対称なデザインで、センターコンソールはドライバー側に傾けられている。
「4Cスパイダー」のリアビュー。オープン化にともない、リアガラスやエンジンフードなど、車体後半のデザインは「4C」から変更されている。
「4Cスパイダー」のリアビュー。オープン化にともない、リアガラスやエンジンフードなど、車体後半のデザインは「4C」から変更されている。
関連記事
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る