アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)

真のエロス 2016.02.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。

期待の“享楽的な4C”

アルファの4Cについては、「すばらしいライトウェイトスポーツカーである」という評価が定着しているが、私はアルファファンとして、2点不満を抱いている。それは、
「デザインが男性的である」
「コンセプトがストイックすぎる」
というものだ。

デザインが男性的というのは、具体的にはパネル面が筋肉質に見えること。柔らかな脂肪の層がなく、腱(けん)や血管が浮き出ているように見える。例えばフロントフードのV字型のエッジの浮き上がりかたは、明らかに男性の肉体を思わせる。
ヘッドライトの昆虫の複眼のような造形も、女性的とは言い難い。アルファといえば美しい女性を連想する私としては、「なんか違う」のである。

コンセプトがストイックすぎるというのは、つまり「これじゃロータスじゃないか」ということだ。スペック的にも「ロータス・エリーゼ」のハイパワーバージョンに近く、乗り味もまさに「イタリアのロータス」である。ピュアスポーツを愛するものにとっては正しい方向性だが、個人的には、アルファはもっとイーカゲンで享楽的なスポーツカーであってほしいという思いがある。例えれば、かつての「アルファGTV」や「アルファスパイダー」(2代目)的な。

そして登場した4Cスパイダー。スパイダーというだけである程度「イーカゲンで享楽的」ではある。ヘッドライトも昆虫ではなく単眼でフレンドリー。して、実際のところはどうか。

スポーツカー「アルファ・ロメオ4C」のオープンバージョン「4Cスパイダー」。日本国内では、2015年11月に発売された。
スポーツカー「アルファ・ロメオ4C」のオープンバージョン「4Cスパイダー」。日本国内では、2015年11月に発売された。
「4Cスパイダー」のフロントまわり。複数のLEDからなる特徴的なヘッドランプを持つ「4C」に対して、「4Cスパイダー」には、よりオーソドックスな形状のバイキセノンヘッドランプが与えられる。
「4Cスパイダー」のフロントまわり。複数のLEDからなる特徴的なヘッドランプを持つ「4C」に対して、「4Cスパイダー」には、よりオーソドックスな形状のバイキセノンヘッドランプが与えられる。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルは左右非対称なデザインで、センターコンソールはドライバー側に傾けられている。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルは左右非対称なデザインで、センターコンソールはドライバー側に傾けられている。
「4Cスパイダー」のリアビュー。オープン化にともない、リアガラスやエンジンフードなど、車体後半のデザインは「4C」から変更されている。
「4Cスパイダー」のリアビュー。オープン化にともない、リアガラスやエンジンフードなど、車体後半のデザインは「4C」から変更されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4Cスパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る