ジャガーFタイプ R AWD クーペ(4WD/8AT)

ブランドを感じるクルマ 2016.02.26 試乗記 550psを発生する過給機付き5リッターV8エンジンと、4WDシステムを組み合わせた「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗。Fタイプシリーズの中でも屈指の高性能モデルの走りと、その端々に宿るジャガーならではの魅力を報告する。

重量を感じさせない身のこなし

ジャガーFタイプ R AWD クーペに乗ったとき、たまたま同行していた試乗車が「ホンダ・シビック タイプR」だった。「R」が付いていることと、英国製であることは2台に共通だが、もちろん比較テストでもなんでもない。とはいえ、同道していると、どうしても比べてしまう。

シビックは5ドアハッチバック、こっちは2座スポーツカーなのに、シビックのほうがフロントピラーがスーパーカーチックに寝ているのにはびっくりした。逆にジャガーのサプライズは、走りだしの瞬間からシビックより身軽に感じられることだった。タイプRはシフトノブがオールアルミだが、Fタイプはボディーがオールアルミである。走りの芯に感じられる軽やかさはそのせいだろうか。いずれにしても、そんな印象は四駆になってもまったく変わっていない。はやりの言葉でいえば、アジリティー(敏しょう性)が「ニュルブルクリンクFF最速」のレーシングハッチと比べてもむしろ勝っているのである。

高速道路に入り、ふとルームミラーを見上げると、鏡の中にあおむけになったヒョウがいた。100km/hで自動的に起き上がるジャガーマーク付きリアスポイラーが、ミラーに映り込んでいたのだ。なんてことも、Fタイプ体験のひとコマである。

「Fタイプ」は2012年のパリモーターショーでデビューしたジャガーのスポーツモデル。4WDモデルの「Fタイプ R AWD クーペ」は、2014年11月に日本に導入された。


	「Fタイプ」は2012年のパリモーターショーでデビューしたジャガーのスポーツモデル。4WDモデルの「Fタイプ R AWD クーペ」は、2014年11月に日本に導入された。
「Fタイプ R AWD クーペ」のインストゥルメントパネルまわり。写真の円形のステアリングホイールに加え、無償オプションでフラットボトム形状のものも用意されている。
「Fタイプ R AWD クーペ」のインストゥルメントパネルまわり。写真の円形のステアリングホイールに加え、無償オプションでフラットボトム形状のものも用意されている。
動力性能については、0-100km/h加速が4.1秒、最高速が300km/hと公表されている。
動力性能については、0-100km/h加速が4.1秒、最高速が300km/hと公表されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る