新型レンジローバー「イヴォーク」が上陸【東京モーターショー2011】

2011.11.14 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】新型レンジローバー「イヴォーク」が上陸

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける「第42回東京モーターショー」におけるランドローバーブースの出展概要を、11月14日に発表した。

2008年のデトロイトショーにおいて、コンセプトカー「LRX」として初登場。2010年9月のパリサロンで晴れて市販モデルとなった「レンジローバー・イヴォーク」が、いよいよ日本上陸を果たす。

重く、大きく、タフなイメージの「レンジローバー」ブランドにあって、史上最も小さく、そして軽く、燃料消費も少ないとされる、このニューモデル。東京モーターショーの会場には、5ドアモデル「レンジローバー・イヴォーク」と3ドアモデル「レンジローバー・イヴォーク クーペ」の両方が並ぶ予定だ。

当日はこのほか、エクステリアと快適装備に小変更が施された「ランドローバー・ディスカバリー4 HSE」も出展される。

(webCG 関)

「レンジローバー・イヴォーク クーペ」
「レンジローバー・イヴォーク クーペ」
こちらは5ドア版の「レンジローバー・イヴォーク」(写真下も)
こちらは5ドア版の「レンジローバー・イヴォーク」(写真下も)
 
新型レンジローバー「イヴォーク」が上陸【東京モーターショー2011】の画像
東京モーターショーには、「ランドローバー・ディスカバリー4」の2012年モデルも出展される。
東京モーターショーには、「ランドローバー・ディスカバリー4」の2012年モデルも出展される。
関連記事 ホームへ戻る