第438回:「プリウス」と「アウトランダー」が大人気! フランス・パリのタクシー事情

2016.02.26 エッセイ

タクシー業界の争いは続く

今回は、タクシーの最新よもやま話を。
「UBER(ウーバー)」に代表されるスマートフォンを活用したハイヤー配車仲介サービスと、既存タクシードライバーとの対立については、本エッセイの第370回「噂のネット配車ハイヤー『UBER』にパリで挑戦してみた」で記した。

つい先日の2016年2月18日も、マドリッドで、既存タクシードライバーたちのデモが行われた。現在スペインではウーバーのようなサービスは認可されていない。だが、段階的に認める動きをみせる当局に、タクシードライバーたちが抗議の意思を示したのだった。

同じ2月、フランスでもタクシードライバーの組合が、ハイヤー配車サービスの法律による完全排除を求め、大都市で一斉ストライキを起こした。パリでは自動車専用道路を封鎖したり、広場でタイヤを燃やしたりして、一時は警官隊とも衝突した。

たまりかねたフランスのマニュエル・ヴァルス首相は、ハイヤー配車サービス仲介業者のドライバー契約に関して一定の制限を課する案を提示。3日にわたるストライキは収束した。

ところが翌週、今度は配車サービスの登録ドライバーたちが、そのヴァルス首相による決定に不満を表明。「葬送行進曲」と称してシャルル・ド・ゴール空港に向かう高速道路上でノロノロ運転による抗議活動を展開した。一部の参加者はタクシーに対して投石を行った。

パリ15区にて。「シトロエンC5」のタクシー。
パリ13区で。「プジョー5008」のタクシー。
パリのオペラ座通りにて。写真に見られるタクシーは全て、日本車の「プリウス」または「プリウス+」(日本名「プリウスα」)である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。