VW日本法人の新社長にティル・シェア氏

2016.02.23 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンの新社長にティル・シェア氏

フォルクスワーゲン(VW) グループ ジャパンは2016年2月23日、VWグループの中国法人で輸入部門のマネージングダイレクターを務めているティル・シェア氏(50)が、3月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する人事を決定した。

シェア氏はドイツ生まれ。1991年から自動車業界でキャリアを積み、2003年にVWグループ イタリアに入社。2008年以降はアジアに拠点を移し、同年からVWグループ香港のマネージングダイレクターを、2012年からベントレー モーターズ中国・香港・台湾・マカオのマネージングダイレクターを務めた。

これまで臨時に社長兼CEOの職を兼務していたスヴェン・シュタイン氏は、以前からの副社長の職務を継続する。

(webCG)

フォルクスワーゲン グループ ジャパンの社長に就任するティル・シェア氏。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。