トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)

着実な進化を感じる 2016.02.27 試乗記 2015年12月の発売以来、好調な販売が伝えられる新型こと4代目「トヨタ・プリウス」。最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。

外観デザインに見る今日のトヨタの強み

発表から2カ月ちょっとだというのに、もう街中でちょいちょいと見かけるようになってきた。新型プリウスの話である。月2万台超のペースで登録は進んでいるが、受注残は軽く10万台オーバー。最新の情報では一番人気のグレード、「Aプレミアム」系での納期は7~8カ月になるという。

これほどのペースで数が増えていけば、日本の津々浦々で見かけるようになるのにそう時間は掛からないだろう。ということになるとなおのこと、気になるのはそのデザインだ。クルマ好きの間では賛否両論が渦巻いていることは、SNSなどを通じて感じていた。僕の周りでいえば、どちらかといえば否の方が多いようにうかがえる。

その多くがいぶかしがるのは顔と尻。つまり強烈な前後のグラフィックだ。トヨタデザインのグローバルキーワードであるキーンルックがことさら強調された格好だが、それは新しいものにあふれた東京の路上でも前衛的に映るほどだ。それゆえ、保守的な嗜好(しこう)でみれば相当な違和感を抱くのはよくわかる。

今のトヨタの強さは、賛否が必至であろう選択肢に進んで臨んでいることだ。「アルファード」しかり、「シエンタ」しかり。変化を拒むものに未来はないとばかりに吹っ切れた姿勢の向こうには、数的趨勢(すうせい)をもって目慣れさせることも織り込まれているのかもしれない。いずれにせよ、国内シェア50%のメーカーが繰り出す中核車種でのパワープレーは、他メーカーにとって相当厄介だろう。

発売以来好調なセールスが伝えられる4代目「プリウス」。2016年2月18日現在の納期は、「S」「S“ツーリングセレクション”」が2~3カ月、「A」「A“ツーリングセレクション”」「E」が5~6カ月、「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」が7~8カ月とされている。
発売以来好調なセールスが伝えられる4代目「プリウス」。2016年2月18日現在の納期は、「S」「S“ツーリングセレクション”」が2~3カ月、「A」「A“ツーリングセレクション”」「E」が5~6カ月、「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」が7~8カ月とされている。
低められたノーズの先端と、複雑な意匠のヘッドランプが特徴的なフロントまわり。全グレードにオートレベリング機能付きLEDヘッドランプが標準装備される。
低められたノーズの先端と、複雑な意匠のヘッドランプが特徴的なフロントまわり。全グレードにオートレベリング機能付きLEDヘッドランプが標準装備される。
ライン状に光る特徴的なテールランプと、テールゲートに施された「PRIUS」のロゴ。
ライン状に光る特徴的なテールランプと、テールゲートに施された「PRIUS」のロゴ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る