ジャガーはハイパフォーマー3台を展示【東京モーターショー2011】

2011.11.14 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ジャガーはハイパフォーマンスモデル3台を展示

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける「第42回東京モーターショー」におけるジャガーブースの出展概要を、11月14日に発表した。

東京モーターショーのジャガーブースには、今年3月のジュネーブショーでデビューを飾った「XKR-S」が登場。日本では初公開となる。
「XKR-S」は「XKRクーペ」をベースとする高性能スポーツカーで、専用のエアロパーツや、パフォーマンスアップしたエンジン(510ps→550ps、63.7kgm→69.3kgm)、専用チューンの足まわりなどが見どころとなっている。

そのほかジャガーブースには、マイナーチェンジでフロント周りを中心に化粧直しが施されたハイパフォーマンスセダン「XFR」(2012年モデル)も登場。
これにフラッグシップサルーン「XJ スーパースポーツ」(スタンダードホイールベース版)を加えた、計3台が出展される予定である。

(webCG 関)

東京モーターショーに出展予定のハイパフォーマンス・ジャガー3台。写真左から「XFR」「XKR-S」そして「XJ スーパースポーツ」。(写真はすべて欧州仕様車)
東京モーターショーに出展予定のハイパフォーマンス・ジャガー3台。写真左から「XFR」「XKR-S」そして「XJ スーパースポーツ」。(写真はすべて欧州仕様車)
「XKR-S」
「XKR-S」
「XFR」
「XFR」
「XJ スーパースポーツ」
「XJ スーパースポーツ」

関連キーワード:
東京モーターショー2011ジャガーイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事