ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)

ワクワクするボルボ 2016.02.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。

あらゆるところが変わった

ボルボXC90がモデルチェンジした。モデルチェンジにもいろいろあって、一番大掛かりなのがプラットフォームが刷新されるやつ。その次に大事(おおごと)なのがパワートレインが置き換わるやつ。その次は骨格はそのままでスタイリングが変わるやつ。プラットフォームとパワートレインが両方とも一気に新しくなるというケースはそうそうなくて、プラットフォームが新しくなってエンジンはそのままというパターンか、プラットフォームはキャリーオーバーでエンジンが新しくなるパターンが多い。トランスミッションはそうそう新しくならない。

ボルボXC90のモデルチェンジは、全てが新しくなる最大規模のパターン。見た目はもちろん、プラットフォームも、パワートレイン(エンジン&トランスミッション)も、サイズも、そして雰囲気も、もうあらゆるものが一新された。今回、数時間、見て、触れて、運転した範囲において、先代と同じだと思ったのはドアミラーの調整スイッチだけだ。それだって自信はない。微妙に変わっているかも。

娘を心配する父親目線に例えると、数年前の「S40/V50」から「V40」への変わりっぷりを「あっ友達が変わったな」というレベルだとするなら、XC90の変わりっぷりは「完全に男ができたな」と気づくレベル。「色気づきやがって! 母さん、知ってたのか?」「ええ、あの子はとっくに女ですよ」「な、な、なんだって!?」というくらいの大ニュースだ。しかしここはひとまず冷静になって、ひとつずつお伝えしたい。

ボルボ初のSUVとして2002年にデビューした「XC90」。その2代目は、日本国内では2016年1月27日に発売された。
完全新設計された新型「XC90」のシート。テスト車「T6 AWD インスクリプション」のものは、表皮に上質なパーフォレーテッドファインナッパレザーがおごられており、マッサージ機能も備わっていた。
ラグジュアリー性をセリングポイントとする「T6 AWD インスクリプション」のドアパネル。ウォールナットのウッドパネルが与えられる。
新型「XC90」は、全体の約90%が新規開発された部品で構成されているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
ホームへ戻る