ルノー、ルーテシアをマイナーチェンジ

2016.02.25 自動車ニュース
マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」。
マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」。

ルノー、「ルーテシア」をマイナーチェンジ

ルノー・ジャポンは2016年2月25日、マイナーチェンジを施した「ルーテシア インテンス/ゼン」を発売した。

上級グレードの「インテンス」では、シートの両サイドにカラーラインが入った。まら、ステアリングホイールが「GT」と同形状のものになった。インテリアカラーは「ルージュ」。
上級グレードの「インテンス」では、シートの両サイドにカラーラインが入った。まら、ステアリングホイールが「GT」と同形状のものになった。インテリアカラーは「ルージュ」。
インテリアカラーは「ルージュ」。
インテリアカラーは「ルージュ」。
インテリアカラーは「グレー」。
インテリアカラーは「グレー」。
インテリアカラーは「マロン」。
インテリアカラーは「マロン」。

■トルクを強化してギア比も見直し

今回のマイナーチェンジは1.2リッター直4ターボエンジン搭載車が対象。変更点はエンジンのトルクを強化し(190→205Nm)、加えて6ATのギア比を見直すことで、より運転しやすい特性とした。また、ストップ&スタート機能を新たに採用した。JC08モード燃費は17.4km/リッター。

さらに、オーディオなどを操作するセンターコンソールパネルに、ドライビングEco2機能などを追加した。この機能は「走行レポート」「Ecoスコアリング」「Ecoコーチング」の3機能により、“環境にやさしい運転”をサポートするもの。

これらに加えて、上級グレードのインテンスでは、シートのデザインを両サイドにインテリアカラーに対応したカラーラインが入るものへと変更し、ダッシュボードやドアインナーパネルのカラーと調和した、一体感のあるインテリアデザインとなった。同時に、ステアリングホイールは「GT」と同形状の、スポーティーなタイプへと変更した。

上記を含む主要な変更点は以下の通り。

・最高出力の変更(旧:120ps/4900rpm→新:118ps/5000rpm)。
・最大トルクの変更(旧:190Nm<19.4kgm>/2000rpm→新:205Nm<20.9kgm>/5000rpm)。
・6AT(エフィシェント・デュアル・クラッチ)の変速比の変更。
・ストップ&スタート(アイドリングストップ)機構の追加。
・シートデザインの変更(「インテンス」のみ。ラインの色はルージュ、マロン、グレー)。
・ステアリングホイール形状の変更(「インテンス」のみ。「GT」と同形状)。
・センターコンソールパネルの機能追加と表示の変更。
・一部樹脂パーツのシボを変更。
・メタリック塗装料金の変更(ルーテシア インテンス/ゼン<1.2リッター>では、メタリック塗装料金として別途3万2400円が必要)。

車両価格は以下の通り。

・ルノー・ルーテシア インテンス:239万9000円
・ルノー・ルーテシア ゼン(1.2リッター):219万9000円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る