ホンダ・ヴェゼルの装備充実 新グレードも追加

2016.02.25 自動車ニュース
「ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドRS・Honda SENSING」(ボディーカラーは、新色の「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」)

「ホンダ・ヴェゼル」の装備が充実 新グレード「RS」も追加設定

本田技研工業は2016年2月25日、コンパクトクロスオーバー「ヴェゼル」に先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」標準装備グレードを設定。また、新グレード「RS」を追加し、同年2月26日に発売すると発表した。

「ハイブリッドRS・Honda SENSING」のインテリア。
「ハイブリッドRS・Honda SENSING」のインテリア。
「ハイブリッドZ・Honda SENSING」のインテリア(ブラックレザー)。
新色のボディーカラー「シナモンブロンズ・メタリック」。
新色のボディーカラー「ルナシルバー・メタリック」。

今回の主な変更点は以下の通り。
・専用の内外装のほか、パフォーマンスダンパー、可変ステアリングギアレシオを採用するなどして“走る楽しさを追求”した「RS」グレードを、ガソリン車、ハイブリッド車のそれぞれに新設定。
・ホンダセンシングを標準装備する「X・Honda SENSING」「RS・Honda SENSING」「ハイブリッドX・Honda SENSING」「ハイブリッドZ・Honda SENSING」「ハイブリッドRS・Honda SENSING」の各グレードを新設定。
・「ハイブリッドZ」に、ホンダセンシングのほか、パフォーマンスダンパー、運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシートを追加装備。また、本革シートにはアイボリーのソフトパッドを採用した。4WDモデルも新設定。
・全グレードに、ドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動で開閉する「オートリトラミラー」を標準装備。
・「ハイブリッドX・Honda SENSING」「ハイブリッドZ・Honda SENSING」「ハイブリッドRS・Honda SENSING」に、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を標準装備。
・「ハイブリッド」「ハイブリッドX・Honda SENSING」「ハイブリッドZ・Honda SENSING」「ハイブリッドRS・Honda SENSING」に、左右独立温度コントロール式エアコンを採用。
・4WDのリアサスペンションに「振幅感応型ダンパー」を標準装備し、乗り心地を向上。(全グレードのフロント、リアに適用)
・ボディーカラーに「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」「シナモンブロンズ・メタリック」「ルナシルバー・メタリック」を新設定。

ラインナップと価格は以下の通り。
・G(FF/CVT):192万円
・G(4WD/CVT):213万6000円
・X・Honda SENSING(FF/CVT):212万円
・X・Honda SENSING(4WD/CVT):233万6000円
・RS・Honda SENSING(FF/CVT):239万円
・ハイブリッド(FF/7AT):227万円
・ハイブリッド(4WD/7AT):248万6000円
・ハイブリッドX・Honda SENSING(FF/7AT):250万円
・ハイブリッドX・Honda SENSING(4WD/7AT):271万6000円
・ハイブリッドZ・Honda SENSING(FF/7AT):267万円
・ハイブリッドZ・Honda SENSING(4WD/7AT):288万6000円
・ハイブリッドRS・Honda SENSING(FF/7AT):277万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェゼルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る